山中康司

株式会社デンソー取締役副社長

安全・品質・生産、コーポレート基盤本部、デンソー網走テストセンター担当

東京工業大学工学部卒。1979年に日本電装株式会社(現 株式会社デンソー)に入社後、冷暖房技術1部に配属される。エアコンシステムのコンデンサから送られる液化冷媒をさらに冷却する過冷却システムを開発した。2002年6月に冷暖房開発1部の部長に就任。FCV(燃料電池車)向けの世界初CO2エアコンシステムと、ハイブリッド電気自動車向けの電動エアコンシステムの開発を牽引した。2004年1月には熱システム開発部の部長に就任。新しいエアコンシステムなどの開発に貢献した。2005年6月に株式会社デンソー常務役員に就任。熱グループのトップマネジメントのひとりとして熱事業をリードするとともに、組織改革を推進し、将来に向けた熱事業発展の基盤を作った。2013年6月にはデンソー・インターナショナル・ヨーロッパの社長に就任。2014年6月株式会社デンソー専務役員を経て、2015年6月より取締役副社長に就任し、現在に至る。