私たちの想い

私たちの障がい者雇用に込める想いや求める人材についてお伝えします。

新しい価値や技術を生み出すために、多様な個性を求めています。

私たちは総合自動車部品メーカーとして、クルマに新しい価値を生み出す技術や商品を開発し、自動車メーカーやユーザーの皆さんに提案し続けていく責任があります。こうした新しい価値は、多様な個性を持つ人の知恵と工夫から生まれてくるもので、組織を成長させる原動力の1つになっています。
デンソーでは障がい者雇用を「働く機会の提供、自立支援、そして活躍」という視点で捉えています。1978年に障がい者の定期採用の開始、1984年には特例子会社であるデンソー太陽の設立と、障がい者への社会的関心が今日ほどは高くなかった時代から、個性や能力に応じた働く機会を提供してきました。

一人ひとりが戦力となり、個人も会社も光り輝くことが理想です。

現在、私たちは約600名の障がいある仲間と一緒に働き、バリアフリーに配慮したオフィスや工場の設計、研修制度の充実など、積極的な環境整備を通じて、「働きやすさ」と「働きがい」の実現に取り組んでいます。
「働きやすさ」のため、障がいに対して必要な配慮は最大限に行いますが、「働きがい」である活躍の舞台には障がいの有無を問いません。一人ひとりが持てる能力をフルに発揮することで光り輝き、その総和として企業全体が光り輝く。そんな理想を共有し、一人ひとりが戦力となり、個性という光を存分に放っていただくことを願っています。

自分の意志で主体的に行動できる人材を求めています。

私たちデンソーグループには、「デンソースピリット」という大切な価値観があります。それは、「先進」「信頼」「総智・総力」の3つからなり、デンソーに脈々と受け継がれているものです。社員一人ひとりを尊重しながら、全員で高い目標にチャレンジすることによって成長していく。全員の知恵を集めて、先進的な技術、モノづくりに挑戦し、お客様からの信頼に応えていく。全員が成長し、チームワークで取り組んでいこうとする姿勢は、世界各地で活躍するデンソーの社員にとって、変わることのない共通の価値観です。このスピリットに共感し、チームワークを大切にしながらも、自分の意志を持って主体的に行動し、成長しようとする人材を、私たちは求めています。