サステナビリティに関する取り組み

「環境」「安心」の分野を中心に、取り組み事例を紹介します。

環境

クリーンディーゼルエンジンを支えるコモンレールシステム

コモンレールシステムは、高圧にした燃料を蓄圧室に蓄え、電子制御でタイミングよくインジェクターから各気筒に最適の量を噴射するシステムです。高い噴射圧力で燃料を微粒化し、優れた着火性と効率的な燃焼により燃費を向上させ排ガスも浄化します。
各国の排ガス規制が一段と厳しくなり、燃料噴射量・タイミング・圧力に高精度な制御が求められる中で、2013年6月に発表したデンソーの2,500気圧システム(世界最高レベル【注】)は、従来比で燃費を3%向上、有害物質PMを50%、NOxを8%削減します。(いずれも最大値:デンソー調べ)
この2,500気圧システムに燃料の噴射ズレを見つけて最適の噴射量・タイミングに修正する「i-ART」を加えた新システムがボルボ車などに搭載されています。
また、デンソーのコモンレールシステムは、2012年からマツダの「SKYACTIV」に採用され、CX-5、アテンザ、デミオなどクリーンディーゼル車の環境性能を支えています。

【注】インジェクター、ポンプ、コモンレールで構成されるコモンレールシステムにおけるレベル(デンソー調べ2013年6月時点)

世界最高レベルの2,500気圧コモンレールシステム

次世代のエコカー“燃料電池自動車”向け製品の開発

デンソーでは、水素を燃料に発電して動く燃料電池自動車(FC)の普及促進に貢献する技術開発を進めています。
これまでにパワーコントロールユニットやFC昇圧コンバータなどの高電圧・パワー系部品、冷却性能を大幅に向上させたラジエータや冷却ポンプなどの冷却系部品が、トヨタの燃料電池車「MIRAI」に搭載されています。
今後もハイブリッド車やガソリン/ディーゼル車で培った技術を活かし、燃料電池自動車の信頼性・性能向上とコストダウンの両立に貢献する製品を提供していきます。

植物由来樹脂を自社製品に採用

デンソーは、環境負荷の低減に向け、植物の分子構造を活用した植物由来樹脂材料の研究、開発に取り組み、デンプン由来のバイオポリカーボネート(PC)および、ひまし油由来のウレタン樹脂を、当社製品の一部に採用しています。化石燃料を原料としない植物由来樹脂は非枯渇資源であり、またサーマルリサイクルとしても大気中のCO2総量を増やさない材料として注目されています。デンソーは以前から植物由来樹脂の開発に取り組んでおり、2009年にはデュポン社と共同でひまし油由来のラジエータータンクを開発、製品化し、その搭載拡大にも取り組んでいます。

CO2 吸収技術~微細藻類の活用

デンソーは、特許を持つ新種の藻にCO2を吸収させ、バイオ燃料を生産するという研究を、2008年4月より、慶応大学先端生命科学研究所と共同で進めています。「シュードコリシスチス」と名付けられた藻は、その大きさが5μm(1mmの1/200)と非常に小さく、CO2を吸収して光合成で澱粉を作ることに加え、ディーゼルエンジンで使用できる軽油の成分を含んだオイルを作り出すという特徴があります。また成長が早く、樹木に比べてCO2の吸収効率が高く、同じ面積で比較した場合、藻の培養池は森林の10倍のCO2を吸収する能力があります。この藻の研究が実用化に至れば、工場で発生したCO2の排出量の削減や、現在のバイオ燃料の原料である穀物の価格上昇を引き起こすというリスクを低減できるため、エネルギー問題の解決や地球温暖化対策に大きく貢献することが可能になります。

安心

衝突回避を支援する画像センサとミリ波データの開発

衝突回避支援等の安全製品のニーズは高まっており、今後急速に普及することが予想されます。
デンソーは、車両だけでなく歩行者を検知する画像センサとミリ波データを開発しました。2つのセンサの機能を組み合わせることにより、それぞれのセンサの特徴を生かし、車両前方の障害物をより早く正確に検知することを可能にしました。当製品は、トヨタ自動車株式会社の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense P」に採用され、現在、新型プリウスやランドクルーザーに搭載されています。
今後は衝突回避の対象を拡大させて、自転車や夜間の歩行者の検知も実現する製品をめざします。

QRコードとスマホで始めるトレーサビリティサービス

1994年に(株)デンソーウェーブ(当時は、(株)デンソーの一事業部門)がQRコードを開発して以来、QRコードは進化を重ねながら世界中に普及し、幅広い業種で時間・資源の節約に貢献しています。
直近では、QRコードとクラウドを活用したトレーシングで生産者から消費者までの流通を見える化した「Q-revo trace」サービスを立ち上げ、販売を開始しました。
誰が生産し、いつ出荷され、どのようなルートで届いたのかが、利用者のスマートフォンで簡単に確認でき、安心で信頼のおける商品を消費者に届けることが可能になります。

グローバル交通安全プロジェクト ~交通事故のない社会を目指して~

交通事故の発生要因は「クルマ」「インフラ」「人」。デンソーでは、交通事故のない社会を目指し、安全製品による貢献だけでなく、「人」にも焦点をあて、子どもや高齢者等の交通弱者が安心して暮らせるよう、社員による地域社会向けの交通安全教育をグローバルに展開しています。(2015年から活動を開始し、2017年度は19カ国・55社で実施)

社員が交通安全の模範となり、地域社会とつながりを持つことで、サステナビリティの視点を磨く機会になることも期待しています。

中国、上海テクニカルセンターにて小学生向けの体験型交通安全教育を実施
タイバンコク郊外(サムットプラーカーン県)にある小学校にて、交通安全教育を実施し、ヘルメット615個を寄贈

障がい者の雇用促進 ~誰もが安心して働くために~

デンソーでは、1978年より障がい者の定期雇用を開始し、以降、雇用、職域拡大などに積極的に取り組んでいます。
1984年には、肢体不自由者を主体とした特例子会社【注】「デンソー太陽」を設立し、コンビネーションメータ、スマートキーなどの生産を行っています。2016年には、知的・精神障がい者の活躍の場として、オフィスサポート業務を中心とした特例子会社「デンソーブラッサム」を設立しました。
現在、デンソーと特例子会社2社を含む国内グループで700名超の障がい者が活躍しています。

【注】障がい者の雇用促進を目的に設立された子会社

仕入先様への取り組み ~誰もが安心して働くために~

デンソーでは、社員の健康増進を経営課題の一つと位置付け、健康経営を推進しており、健康づくりに関する様々な活動を展開しています。
またデンソーの持続的成長には、サプライチェーン全体の成長があってこそ実現します。自社だけでなく、ビジネスパートナーである仕入先様の社員もいきいきと働いていただくことは、デンソーにとって同様に大切だと考えています。2017年度の仕入先総会において、仕入先様に元気で活力のある会社づくりの一助としていただくため、当社の総括産業医による健康講話や体組成計測定会などを実施しました。