環境パフォーマンスデータ

環境負荷の全体像

【注】( - )については法規制変更や設備変更などにより、バウンダリーが異なるため、対前年比は掲載していません。

アクション2

CO2 排出量原単位

CO2 排出量推移

「スコープ1」のCO2 排出量[(株)デンソー]

バリューチェーン全体の総量割合

バリューチェーン全体のCO2排出量の算定・報告に関する国際的なガイドライン「GHGプロトコルスコープ3区分基準」による割合を表しています。

【注】温室効果ガスのスコープ(排出範囲)のうち、ガソリンや重油の燃焼など自社で直接的に排出するものを「スコープ1」、電気の使用による発電用の間接的排出などを「スコープ2」、原料調達・製造・廃棄・流通・営業活動など自社外関連活動からの間接排出を「スコープ3」と区分。また、スコープ1、スコープ2は、非生産分野の事業所拠点を含めた集計値とする。

[参考] デンソーの温室効果ガス排出量の集計における基本的な考え方

京都議定書で定める温室効果ガスのCO2と5ガス(エネルギー系)PFC、HFC、SF6、N2O、CH4(非エネルギー系)を合計。CO2換算係数は、地域別排出係数を使用し、国内は下記表、海外は各地域の公表値を使用しています。
なお、本報告書での換算では、コージェネレーションのCO2削減効果は火力平均で換算して、その効果を排出量に反映しています。5ガスの排出量は、2006年度からは「地球温暖化対策の推進に関する法律」のマニュアルに基づいて算出しています。

CO2 排出量算出に用いたCO2 換算係数

電力 0.453kg-CO2/kWh
A 重油 2.71kg-CO2/L
灯油 2.489kg-CO2/L
プロパン 2.999kg-CO2/kg
軽油 2.585kg-CO2/L
都市ガス 2.171kg-CO2/m3

【注】CO2換算係数の出典:(社)日本自動車部品工業会

電力使用量[(株)デンソー]

物流CO2 排出量[(株)デンソー]

物流CO2 量(t-CO2 )/物的生産売上げ(億円)[(株)デンソー]

アクション3

社有車のクリーンエネルギー車・低公害車の割合[(株)デンソー]

アクション4

エコマテリアル&ローエミッション

(株)デンソーリマニによるリビルト製品の再生台数[日本]

アクション5

PRTR対象物質の排出量(2016年度)[(株)デンソーおよび日本グループ]

PRTR対象物質削減状況 [(株)デンソー ]

【注1】指定物質の見直し等。

VOC排出量の推移 [(株)デンソー ]

【注】VOC:Volatile Organic Compoundsの略。揮発性有機化合物。塗料、印刷インキ、接着剤、洗浄剤、ガソリン、シンナーなどに含まれるトルエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的。

5ガスCO2 排出総量

【注】2012年度は(株)デンソーの数値のみ

温室効果ガス排出の内訳(エネルギー起源CO2 を除く)[(株)デンソー]

梱包資材使用量(千t)
[(株)デンソー]

資材使用量(t)/物的生産売上げ(億円)
[(株)デンソー]

取水(使用)量

(株)デンソーの水質源管理システム

アクション6

環境教育受講者[(株)デンソー]

対象 延べ人数(名)
2014年度 2015年度 2016年度
新入社員【注1】 1,005 545 680
技術系・技能系中堅社員 1,807 2,067 1,983
係長・班長 1,294 578 1,240
課長(技術系) 38 0 0
課長・部長・工場長などの管理職 342 36 592

(研修時間/延べ)
4,486名
5,039時間
3,226名
3,061時間
4,495名
3,664時間

【注1】期間社員から正社員に登用されたものを含む

アクション8

地域社会との協働による植樹活動[(株)デンソーおよび日本グループ]

場所 規模 内容
刈谷ハイウェイオアシス 参加数 75名
植樹数 1000本
ガザニア、ビオラ等植林
草刈
善明製作所 参加数 149名
植樹数 500本
のり面でのヤマツツジ等植樹
西尾製作所 参加数 223名
植樹数 833本
のり面での日本原産アジサイの植樹

アクション10

<環境リスクマネジメント>

環境事故・苦情など(2016年度)

国内外とも罰金・過料はなく、環境に関する訴訟はありませんでした。

区分 (株)デンソー 国内グループ 海外グループ
法令違反 0 0 0
罰金・訴訟 0 0 0
事故 0 0 0
苦情 0 0 0

デンソーグループにおけるISO14001認証取得状況(2017年3月末現在)

生産会社 生販一体会社 販売会社・その他業種
国内 39社 - 10社
海外 33社 12社 19社

ISO14001環境監査結果(2016年度)

監査対象(12事業所) 件 数
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
外部審査 不適合(軽微な指摘) 0件 0件 0件 3件
観察事項 15件 10件 9件 24件
内部監査 改善指導 4件 0件 3件 5件
改善アドバイス 52件 52件 49件 49件
内部監査員(延べ人数) 81名 90名 91名 93名

<環境会計>

環境会計(保全コスト・保全効果額)

2016年度の環境会計(詳細)

コスト
項目分類 投資額 費用合計 総合計
大分類:A 中分類:B (億円) (億円) (億円)
1.事業エリア内コスト (1)公害防止コスト 6.0 8.6 14.6
(2)地球環境保全コスト 156.2 20.9 177.1
(3)資源循環コスト 13.9 14.5 28.4
2.上・下流コスト 384.7 3.4 388.1
3.管理活動コスト 0.0 10.3 10.3
4.研究開発コスト 0.0 662.0 662.0
5.社会活動コスト 0.0 6.1 6.1
6.環境損傷コスト 0.0 5.3 5.3
合計 560.8 731.1 1291.9
効果
区分 取組み事項 物量効果
(量)
効果額
(億円)
収入額 事業活動における
収益
有価廃棄物リサイクル材等の
売却量と売却益
143,330 トン 73.0
リサイクル等環境活動で得た売上げ 113,263 15.2
費用のコストダウン
(節約)削減
エネルギー削減・
節約等の削減量と抑制費用
電気 33,180 Mwh 3.8
燃料 - KL -
ガス - t -
廃棄物の低減量による
処理費用削減
305 トン 0.2
合計   92.2