デンソープロボノプログラム

デンソープロボノプログラムは、「課題解決」を仕事の定義とする株式会社デンソーの「デンソー流仕事の進め方」を活かして、市民公益活動団体(NPO)の地域や社会における課題解決力の向上(事業立案、基盤強化等)を目指すプロボノプログラムです。

”プロボノ”とは?

「Puro Bono Publico=公共善のために」を意味する造語。
社会的・公共的な目的のために活動するNPO法人等の団体に、職業を通じて培った専門スキルや知識を提供する企業人のボランティア。3~6ヶ月程度の期限付きのチーム活動で、支援後も継続して利用できる成果物を残すことが特徴です。
デンソーでは、プロボノ支援先団体に対して「デンソーグループはあとふる基金」から助成を行い、プロボノと寄付の両面でサポートします。

2019年度(活動4期生)

2018年度(活動3期生)

社員参加 16
助成先団体 団体

支援期間 2018年10月~2019年3月
10~12月 課題調査期間
1~3月  事業計画期間
4~3月       事業実施期間(団体のみ)

2017年度(活動2期生)

社員参加 13
助成先団体 団体

支援期間 2017年10月~2018年3月
10~12月 課題調査期間
1~3月  事業計画期間
4~12月       事業実施期間(団体のみ)

2016年度(活動1期生)

社員参加 12
助成先団体 団体

支援期間 2016年7月~2018年3月
7~9月  事業立案期間
10~12月 事業実施期間①
1~3月        事業実施期間②(団体のみ)

  • 助成先団体
  • 就労移行支援S&Jパンドラ
  • NPO法人 フロンティアとよはし
  • NPO法人 ファミリーステーションRin