社員活動・地域社会をバックアップ 支援制度

基金制度やポイント制度等、ボランティア活動に積極的に取り組む社員を支援し、地域社会に貢献する制度を実施しています。

デンソーグループはあとふる基金

社員有志から毎月の給与・賞与の100円/口を天引きし積み立て地域団体や社員企画への寄付、自然災害義援金などに活用をする制度です。

  • 2005年開始
  • 利用社員  8,031人 (18年7月現在)
  • 寄付先累計 約500団体

マッチングギフト制度

役員・社員が、個人またはグループで国内の公益団体に寄付したとき、寄付先が会社の支援対象と認められた場合、会社から同額を寄付する制度です。 

  • 1998年開始 
  • 利用社員  約1,200
  • 申請累計  約3,500
  • 寄付先累計 約350団体

デンソーグループはあとふるポイント制度

社員一人ひとりの社会貢献活動にポイントを発行。ポイントを地域社会・東日本大震災被災地域の商品等との交換や寄付に利用できる制度です。

  • 2012年開始
  • 利用社員  約20,000
  • 申請累計  10,825
  • 寄付先累計 約30団体

※前身のデンソーエコポイント制度は2006年に開始

ハートフルメニュー

東日本大震災被災地の継続的支援のため開始。週2回全食堂で提供の指定メニューを喫食すると、1食ごとに10円がデンソーグループはあとふる基金に積立られ、東日本大震災被災遺児支援に活用されます。
(寄付先:東日本大震災みやぎこども育英募金、東日本大震災ふくしまこども寄附基金、いわての学び希望基金)

2011年開始

ちょボラ活動

仕事で忙しい人でも気軽に取組める、ペットボトルキャップや使用済み切手など10種の収集活動を推進しています。また、社員の収集したベルマークは東日本大震災被災地域の小学校に寄贈し、学校用品の購入に役立てていただいています。

2002年開始 

ボランティア表彰

ボランティア活動で地域社会に貢献した社員を顕彰し、本人の励みや従業員の社会参加を後押しします。活動の継続性や、地域社会への貢献を評価し「ベストハートフル賞」と「社長賞」を選出。社内で表彰します。

2004年開始

ボランティア情報提供

1998年から社内向けのボランティア情報データベースを運用し、社員にボランティア情報を提供。2003年からは、トヨタグループ企業9社とともに、社員のボランティア活動促進を目的にボランティア情報サイト「スマイルゆうネット」を運営しています。

2003年開始