デンソーの支援制度 デンソーグループはあとふる基金

社員の自発的な意志による寄付により、地域社会に貢献することを目的としています。一人ひとりのちょっとした気持ちが集まり、地域社会や被災地への大きな支援につながる「社員みんなの基金」を目指しています。

支援の流れ

  1. 社員の希望者が会員として登録し、給与・賞与(年間14回)から100円/口を天引きするほか、現金寄付、ハートフルメニュー喫食寄付金などを合わせ、基金として積み立てます。  
  2. NPO等の地域団体から、直接はあとふる基金に申請いただきます。
  3. 事務局による書類審査後、社員会員の投票にて活用先を審議・決定します。

(1)地域団体への助成 地域の課題解決のために活動している団体(一般公募)
(2)会員の自主企画への助成 基金会員によるボランティア活動企画(社内公募)
(3)デンソープロボノプログラム 基金会員によるプロボノ支援の下、基盤強化・事業立ち上げに臨む団体(事務局選定)
(4)東日本大震災被災地への助成  ①福島県、宮城県、岩手県の被災地遺児・孤児(生活・修学支援)
②被災地の団体
(事務局選定)※11年上期から10年間を目処
(5)自然災害義援金 国内外の自然災害被災地(事務局選定)
 

<お問い合わせ先>
株式会社デンソー
総務部 ソーシャルリレーション室 社会貢献推進課
デンソーグループはあとふる基金 事務局 長谷川
〒448-8661 愛知県刈谷市昭和町1-1
電話:0566-63-7522(土日を除く 9:00-17:00)
e-mail:syakai_kouken@jp.denso.com
※メールでお問い合わせいただく際は
件名に「はあとふる基金について」とご記載ください