デンソー、微細藻類を使ったバイオ燃料の大規模実証設備を建設

2015年8月19日 ニュースリリース 企業情報

 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、バイオ燃料の実用化に向け、熊本県天草市に国内最大級となる20,000㎡の敷地で、微細藻類(シュードコリシスチス)の大規模培養実証施設を建設し、2016年4月より稼働を開始します。

 これまで、善明製作所(愛知県西尾市)内の敷地(300㎡)において培養実験を行っていましたが、バイオ燃料の生産効率を高めるために大規模培養技術の確立が必要だと考え、天草市の廃校の土地・施設を活用し、新たな培養施設にて実証実験を行います。2018年度を目途に、藻から抽出したバイオ燃料の実用化に向けた要素技術の確立を目指します。

 デンソーは、2008年4月より、シュードコリシスチス【注1】というオイルを産生することができる藻を使ったバイオ燃料を生産する研究に取り組んでいます。これらの取り組みを通じて、地球環境の維持および持続可能な社会の発展に貢献することを目指します。

<注釈>

【注1】成長が速く、丈夫で培養しやすいのが特徴で、デンソーが特許を持つ

大規模実証設備のイメージ図

天草市の地図