デンソー、東京農工大学・理化学研究所・ノースカロライナ大学と特殊な構造を持つDNAがタンパク質の酵素活性を増強させる新機能を発見

2021年6月7日

デンソーは、国立大学法人東京農工大学、国立研究開発法人理化学研究所、ノースカロライナ大学と、特殊な構造(グアニン四重鎖構造)を持つDNAがミオグロビンタンパク質の持つ酵素活性を増強する機能があることを発見しました。本研究成果は、Nucleic Acid Research(6月7日付)に掲載されています。

今回の発見は、ドライバーの突然の体調不良、特に心筋梗塞などを車室内のセンサーで検知することを目的に行っている基礎研究の中で見つかりました。心筋梗塞が起こった際には、体内でミオグロビンタンパク質が分泌されることが分かっています。デンソーは、これをセンサーで検知することによって、心筋梗塞の予兆を早期に発見し、ドライバーの安全を確保することを目指しています。

本研究では、グアニン四重鎖構造を持つDNAとミオグロビンタンパク質が化学反応を起こすことで、タンパク質の酵素活性が、300倍以上増強することが明らかになりました。酵素活性を増強させることで、ミオグロビンタンパク質の分泌をより検知しやすくすることができ、この機能を生かすことで、センサーで検知する際の感度を大幅に向上できる可能性があります。この発見は、がんなどの疾病マーカーの検出や、微生物やウイルスによる感染症の簡易検査手法への応用研究を加速するものとして期待されています。

デンソーは、交通事故ゼロを目指し、ドライバーの運転状況や健康状態を見守るための技術開発、基礎研究に取り組んでいます。今後も、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中の全ての人にとって安全で自由な移動の実現に取り組んでいきます。

本研究の詳細はこちら(東京農工大学プレスリリース)