デンソー、「PRIDE指標2022」において最高位のGoldを初受賞

2022年11月10日

株式会社デンソーは、任意団体「work with Pride(以下、wwP)」が策定する、日本の職場におけるLGBTQ+などの性的マイノリティへの取り組みの評価指標である「PRIDE指標2022」において、最高位の「Gold」を初めて受賞しました。

  • Alt

デンソーは2021年に人と組織のビジョン「PROGRESS」を定め、人事施策を見直してきました。その中で、一人ひとりの個性を尊重し、多様性を高めるための取り組みを推進しています。
今回の認定にあたっては、以下のような取り組みが評価されたものと考えます。

  • コーポレートサイトや社内イントラサイトで、役員のダイバーシティメッセージを発信

  • 管理職や新入社員向けにダイバーシティ研修を実施

  • 同性パートナーシップ制度を導入※1

  • 社内に相談窓口(電話・メール)を設置

  • 社員の理解促進のため、PRIDE月間に全社イベントを実施※2

  • 理解促進ハンドブックを作成し、社内イントラサイトに掲載

※1 同性パートナーシップ制度
デンソーでは、性自認・性指向も個性の一つと捉え、社員がいきいきと働くことを目指し、2022年4月に同性パートナーシップ制度を導入しました。これは、自治体の同性パートナーシップ制度の届出などを会社に提出することで、婚姻が要件となる制度の一部を利用可能とするものです。現在は、慶弔見舞金、結婚祝い金、家賃補助、通勤補助を対象としており、今後、拡大していく予定です。

※2 PRIDE月間の取り組み
世界各国でLGBTQ+への理解促進活動やイベントが開催されるPRIDE月間である6月、デンソーでも初めてPRIDEイベントを開催。社内イントラサイトや社員食堂でのポスター掲示・動画配信、社内売店での特設コーナーの設置、34カ所の社員食堂でレインボーカラーの限定メニューの提供など、自然と情報に触れて関心を生む環境をつくり、社員の理解促進につなげました。

Alt    Alt
(左から)社内掲示ポスター、PRIDE月間の社員食堂レインボーメニューの一例

■PRIDE指標とは
wwPによって2016年に策定された、職場におけるLGBTQ+などの性的マイノリティへの取り組みの評価指標で、「企業・団体等の枠組みを超えてLGBTQ+が働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的としています。PRIDEの各文字に合わせて、Policy(行動宣言)、Representation(当事者コミュニティ)、Inspiration(啓発活動)、Development(人事制度・プログラム)、Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5つの評価指標があります。
PRIDE指標の詳細はこちら https://workwithpride.jp/pride-i/