ETC2.0とは?

もうETC(料金収受)だけじゃない、
広がる運転支援サービス

ETC2.0とは?

高速道路の運転には、スピーディな判断や、運転操作が求められます。ETC2.0は、刻一刻と変化する道路状況から、ドライバーに必要な情報を、必要なタイミングで提供することで、より安心、安全につなげるサービスです。

高速道路や有料道路に設置されたITSスポット(路側無線装置)からリアルタイムに送られてくる高速・大容量データを、ETC2.0車載器でキャッチ。
広域な道路交通情報を利用した渋滞回避支援や安全運転支援、自動料金収受などのサービスが受けられます。

ETC2.0の道路側アンテナITSスポットは、全国の高速道路、有料道路約1,600箇所に設置完了済み。
ETC2.0とは?ETC2.0とは?

ETC2.0に関する詳細情報は、下記ホームページからご覧いただけます。
国土交通省 ETC2.0

走行履歴や経路情報を活用した新サービスが始まります。

導入予定の新サービス(経路情報を活用したサービス)

高速道路で、渋滞などをう回する経路を走行した車の料金を割引くなどのサービスが予定されています。

導入予定の新サービス(経路情報を活用したサービス)導入予定の新サービス(経路情報を活用したサービス)
  1. 例❶
    渋滞を避けてあいているルートを走行した場合。
    ▶ 渋滞区間を走行した場合より安くなるように料金を割引。
  2. 例❷
    事故や災害などによる渋滞を避けたり、ガソリンスタンドで給油するために、いったん一般道路に退出してから再び高速道路に乗った場合。
    ▶ 連続走行した場合と同額に。

首都圏の圏央道利用について:平成28年4月より、ETC2.0搭載車を対象に
約2割引(圏央道利用分)の実施や大口・多頻度割引の対象道路への追加がされています。

ページトップへ