「プラズマクラスター」技術で実証している主な効果

●約6~10畳相当の試験空間におけるプラズマクラスターイオン発生機器を用いた実証結果です。イオン濃度が同等であれば同様の効果が得られると考えられます。 ●プラズマクラスターの効果は、使用場所の状況(温度・湿度・広さ・形状・エアコン・換気などの使用の有無、商品の設置場所など)や、使い方(イオンの吹き出し方向・運転モード・運転時間など)によって異なります。

嫌な臭いをスピード消臭

イオン濃度約3倍のターボ運転で消臭スピード2倍※

イオン濃度約3倍のターボ運転で消臭スピード2倍

ターボ運転時約20分、標準運転時約40分で部屋に染みついたタバコのニオイ成分を分解・除去し、気にならないレベルまで消臭します。
試験条件:約3.5㎥の試験空間にて吹き出し方向に約1mの位置にたばこのニオイ成分を付着させた布片を置いて試験機を運転。消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。
※(標準運転時との比較)

浮遊カビ菌*1を除菌

浮遊カビ菌分解・除去イメージ 浮遊カビ菌分解・除去イメージ

浮遊カビ菌表面の細胞膜のタンパク質を切断して分解・除去し、除菌します。

約31㎥(約8畳相当)の試験空間での約83分後の効果です。

浮遊ウイルス*2の作用抑制

浮遊ウイルス 作用抑制イメージ 浮遊ウイルス 作用抑制イメージ

浮遊ウイルスの作用を抑えます。

約25㎥(約6畳相当)の密閉した試験空間での約66分後の効果です。

静電気*3を抑制

花粉などが車室内や衣服へ付着するのを抑えます。

約41m³ (約10畳相当)の試験空間での約2.5分後の効果です。

タバコの付着臭*4を分解・除去

高濃度プラズマクラスターイオンが車内のタバコのニオイに効果を発揮します。

約41m³ (約10畳相当)の試験空間での約55分後の効果です。 ※付着しているニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、ニオイ除去効果は異なります。

お肌にツヤを与える*5

高濃度プラズマクラスターイオンがお肌にツヤを与える効果を発揮します。

約25㎥(約6畳相当)の試験空間での約60分後の効果です。 ※車室内を加湿するわけではありません。 ※季節・周囲温度・湿度・風の流れなどや、設置場所・使用時間・個人によって効果は異なります。

自然界に存在するものと同じイオンで空気を浄化

イオン種の同定

プラズマクラスターイオンは、自然界に存在するイオンと同じ種類であることを確認しています。

作用メカニズムの解明

プラズマクラスターイオンは、浮遊する菌やウイルスの表面のタンパク質と反応し、内部の細胞質などに影響を及ぼさないことを確認しています。

安全性の確認

GLP※(優良試験所基準)に適合した試験施設で、信頼性の高い安全性のデータを取得しています。

目 的 試験名称(略称) イオン濃度設定
皮膚への影響御確認 急性皮膚刺激性/腐食性試験 約1,000,000個/cm³
目への影響確認 急性眼刺激性/腐食性試験 約13,000,000個/cm³
吸入による
遺伝子への影響確認
吸入毒性試験
(肺組織への遺伝子影響評価)
約7,000,000個/cm³

試験機関 (株)LSIメディエンス

※GLP(優良試験 所基準)とは、化学物質等の安全性評価試験の信頼性を確保するため、 試験施設および、試験操作の手順書などについて定められた基準です。

国内外のさまざまな試験機関で実証されているプラズマクラスター

浮遊カビ菌

●(財)石川県予防医学協会 ●(一財)日本食品分析センター

浮遊ウイルス

●韓国 ソウル大学 ●中国 上海市予防医学研究院 ●(財)北里環境科学センター ●(学)北里研究所 北里大学メディカルセンター ●イギリス レトロスクリーン・バイロロジー社 ●(株)食環境衛生研究所 ●ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所 ●東京大学大学院 医学系研究科 (公財)パブリックヘルスリサーチセンター 

効果メカニズムの解明

ウイルス・カビ菌・菌の作用抑制効果

●ドイツ アーヘン応用科学大学 アートマン教授

ニオイ

●(一財)ボーケン品質評価機構 ●(公財)動物臨床医学研究所

静電気

●シャープ(株)調べ

お肌にツヤ効果

●(株)総合医科学研究所

  1. *1<浮遊カビ菌>●試験機関:(財)石川県予防医学協会●試験方法:約31m³(約8畳相当)の試験空間にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。■試験結果:約83分で除去率99%。
  2. *2<浮遊ウイルス>●試験機関:ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所●試験方法:約25m³(約6畳相当)の試験空間にウイルスを浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出。その後、試験空間内のウイルスを回収し、空気中のウイルス除去率を測定。●試験対象:浮遊した1種類のウイルス。■試験結果:約66分で99%抑制。
  3. *3<静電気>●試験機関:シャープ(株)調べ●試験方法:約41m³(約10畳相当)の試験空間にて、JIS TR C 0027-1を参考にして5kVに帯電させた金属製検知板にプラズマクラスターイオンを照射し、0.5kVまで除電するのに要する時間を測定。■試験結果:約2.5分で初期電位5kVが0.5kVまで減衰。
  4. *4<付着臭>●試験機関:シャープ(株)調べ●試験方法:約41m³(約10畳相当)の試験空間にて、タバコのニオイ成分を染み込ませた布片にプラズマクラスターイオンを照射し、脱臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約55分で気にならないレベルまで脱臭。
  5. *5<お肌にツヤを与える>●試験機関:(株)総合医科学研究所 試験空間:約25m³(約6畳相当)●被験者:13名(33〜61歳⼥性)●温度:約28℃、湿度:約40%●試験方法:安静状態でこめかみの肌⽔分量を測定。■試験結果:イオンありの場合、運転約60分以後に肌にツヤを与える効果が確認された。(車内やお部屋を加湿するわけではありません。)

プラズマクラスターロゴ(図形)およびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。

当技術マークの数字は商品を運転席横のカップホルダーに置いて「標準」運転時に高濃度プラズマクラスター25000適用容積の空間中央(床上0.5m)で測定した1㎤当たりのイオン個数の目安です。

[安全に関するご注意] ご使用の前に「取扱説明書」をよくお読みの上、正しくお使いください。 [安全に関するご注意] ご使用の前に「取扱説明書」をよくお読みの上、正しくお使いください。

●本サイトに記載データは2019年3月現在のものです。仕様サイズなどは改良のため、予告なく変更することがあります。
●仕様サイズ等は改良のため、予告なく変更することがあります。
●商品の色はご利用のモニターや画面の環境によっては、実際の色と異なる場合があります。

ページの先頭に戻る