V2H-充放電器

V2H-充放電器 写真はケーブルガイド(別売オプション)を使用した状態です。

クルマと暮らしをひとつに。
これからは、電気をEVにためて、かしこく使う。

V2H-充放電器

F E A T U R E S

システムの特長

「V2H」とは「Vehicle to Home」の略で電気自動車を充電するだけではなく、貯めた電気をご家庭で使用する仕組みです。

かしこく電気を使う

充放電が必要な時間に電気自動車がV2H-充放電器に接続されていることが前提となります。

夜間電力を活用し電気料金を低減

安い夜間電力を電気自動車に充電し、昼間に使うことで電気料金を抑えることができます。

料金プランについては、電力会社にお問い合わせください。

夜に充電、昼は家で使う

停電時でも電気が使える暮らし

万が一の停電時でも、電気自動車に貯めた電気が使用できます。いつもお使いのコンセントや200V電源を使用する機器が使えて安心な暮らしに近づけます。

EVの電池容量(残量)と家庭での電力消費量により、使用可能な時間が異なります。

停電時でも6kVAの電力が使用可能

電気自動車の電気で自給自足の暮らし

ご家庭の太陽光発電で作った電気を電気自動車に貯めて、ご家庭にも走行にも使えます。FIT終了後はこれまで売電していた余剰電力を有効活用でき、自給自足の暮らしに近づけます。

固定価格買取制度(Feed-in Tariff Programの略)

自給自足の暮らし

かしこく電気をためる

スピーディな充電で、おでかけ前の時間を短縮

200V普通充電設備の最大約半分の時間で、電力会社や太陽光発電からの電力を電気自動車に充電することができます。家庭で使われている消費電力を電気自動車にリアルタイムにモニターし、充電可能な電力量を自動的に制御できるインテリジェント充電機能を搭載しています。

倍速充電機能でスピーディーな充電

200V普通充電設備:3kWと本製品の充電出力電力との比較による。
(但し、契約電力や家庭での電力使用状況、及び車両の充電率によって異なります。)

デンソー製HEMSとの連携

天気予報連携で太陽光の余剰電力を有効活用

V2H-充放電器とHEMSを連携させることで、電気の“使う”と“貯める”を賢くマネジメント。
過去の発電量、電力プランなどの様々な情報や翌日の天気予報を元に、余剰電力を予測。自家消費で余剰電力を有効活用できます。

HEMSは別売です。
2019年秋対応予定です。

余剰電力を有効活用 余剰電力を有効活用

デザインの特長

住まいにマッチするカラーリング。設置場所を踏まえた親切サイズ。

住まいにマッチするカラーリング

住宅の外壁と相性の良い落ち着き感あるメタリックグレー。

設置場所を踏まえた親切サイズ

腰窓などへの干渉を避けつつ使い勝手を踏まえ高さ855mmに設定。

写真はケーブルガイド(別売オプション)を使用した状態です。

親切サイズ

使いやすさに配慮したホルダー式

コネクタ解除ボタンを操作することなくガンの取り外しができます。使い終わった後もホルダーに収納するのみ。受け部の位置合わせなど面倒な作業はありません。

ホルダー式

屋外での作業に配慮した表示

操作スイッチ部分は落ち着いたグレーを配し、大きめの文字で屋外での視認性に配慮。

屋外での作業

使い終わりもスッキリ収納

ケーブルガイド(別売オプション)を使うことで、巻き取りやすくケーブルもスッキリ収納できます。

スッキリ収納

施工も簡単

高さ855mmに抑えたことで取付工事の簡素化にも貢献。耐震クラスAではトールサイズに比べ約1/3の基礎の深さで対応。耐震クラスBでは、コンクリートブロックによる対応で可能。

スッキリ収納

※販売、施工については条件がございます。詳しくはお客様窓口までお問合せください。

V2H-充放電器 対応車種

日産自動車

メーカー 日産自動車株式会社様※5
車名 LEAF※1、※2
(リーフ)
e-NV200
(バネット)
種別 EV
総電力量※3
(電池容量)
62kWh/40kWh/30kWh/24kWh 24kWh
年式 全年式 全年式
充電上限※4 100%未満 100%未満
放電下限 約10% 約10%

※1対応車種の中でも車両側のプログラムを変更する必要がある車両があります。
車両のプログラム変更に関しては、車両販売店へお問い合わせください。

※2日産自動車株式会社様の放電非対応EVは本システムを使用できません。放電非対応EVに充電した場合、充電が正常に動作せず、車両にコーションが残る可能性があります。

※3総電力量はV2H-充放電器接続時の実使用可能容量とは異なります。

※4車両充電上限値近くまで使用可能です。

※5日産自動車株式会社様のEVとV2H-充放電器の充放電コネクタを接続した状態で「EV-IT」機能は使用しないでください。EVおよび本システムの機能が正常に動作しません。

上記は当社の確認結果によるものです。

三菱自動車

メーカー 三菱自動車工業株式会社様
車名※1、※2 i-MiEV※4
(アイ・ミーブ)
MINICAB-MiEV VAN※4
(ミニキャブ・ミーブ バン)
MINICAB-MiEV TRUCK※4
(ミニキャブ・ミーブ トラック)
アウトランダーPHEV※4、※5
種別 EV PHEV
総電力量※3
(電池容量)
16kWh/10.5kWh 16kWh/10.5kWh 10.5kWh 12kWh / 13年式~18年式
13.8kWh / 19年式※8以降
年式 10年式※6 10年式除く 全年式 全年式 13年式
※7
14~18
年式
19年式
以降
充電上限 95%未満※9 95%未満 95%未満 95%未満 95%未満 95%未満 100%未満
放電下限 約30% 約30% 約30% 約30% 約40% 約20% 約20%

※1対応車種の中でも車両側のプログラムを変更する必要がある車両があります。
車両のプログラム変更に関しては、車両販売店へお問い合わせください。

※2放電に対応していない車種は、本システムの放電機能を使用できません。

※3総電力量はV2H-充放電器接続時の実使用可能容量とは異なります。

※4
  • 急速充電口が付いていない車両では、V2H-充放電器による充電・放電はできません。
  • 駆動用バッテリーの容量維持のため、できる限り2週間に1回程度は普通充電で満充電してください。
  • MiEVリモート、もしくは三菱リモートコントロールのうち「タイマー充電」と「プレ空調」はご使用になることができません。

※5「アウトランダーPHEV」は、エンジンがかかった状態もしくはイグニッションONの状態ではV2H-充放電器による充電・放電はできません。

※6「i-MiEV」の10年式は車体番号が「HA3W-00」で始まる車両です。

※7「アウトランダーPHEV」の13年式は車体番号が「GG2W-00」で始まる車両です。

※8「アウトランダーPHEV」の19年式は車体番号が「GG3W」で始まる車両です。

※9使用環境により、95%を下回る場合があります。

上記は当社の確認結果によるものです。

トヨタ自動車

メーカー トヨタ自動車株式会社様
車名 プリウスPHV
種別 PHV
年式 2019年式※1

※1対象の「プリウスPHV」は2019年5月発売の一部改良後モデルです。

V2H-充放電器に対応した急速充電の充電インレットはオプション装備です。

上記は当社の確認結果によるものです。

上記内容は、2019年4月現在の内容です。