走行安全関係製品 エアバッグシステム

エアバッグは、事故発生時における乗員拘束装置であるシートベルトの補助として機能する、補助乗員拘束装置(SRS)です。通常時は、ハンドルホイールやインストルメントパネル、左右のピラー内などに格納され、衝突などの事故発生時に、瞬時にバッグを膨らませて乗員を保護します。エアバッグが機能するタイミングは、衝突を感知するセンサによって信号化され、エアバッグECU(コンピュータ)が作動指令を出して機能が働きます。衝突時の動作不良はもちろんのこと、平常時の運転中における誤動作はかえって危険となるため、正確な感知と作動が求められます。また、乗員の着座状況に応じた作動など、高度なシステムの開発と、それによる信頼性ある製品を提供しています。 

製品

エアバッグ用加速度センサ

電子式エアバッグサテライトセンサ

エアバッグECU

歩行者衝突検知センサ

歩行者衝突検知センサは、車両と歩行者が衝突した際に、歩行者への衝撃を緩和するポップアップフードに用いられます。バンパ内に搭載されており、樹脂製の中空構造体と二つの圧力センサで構成されています。車両と歩行者が衝突した際に、バンパの変形によって中空構造体の内圧が上昇し、それを圧力センサで検知してECU(コンピュータ)に情報を伝え、所定の速度範囲においてフードが瞬時に持ち上がるようになっています。

着座スイッチ

着座スイッチは、助手席に人が座っているかどうかを判別するセンサです。シートベルトを装着していない時の警告表示と組み合わせ、助手席に乗員がいない場合の無用な警告を防ぎます。