パワトレイン関係製品 パワトレイン冷却システム

ラジエータを中心としたエンジン冷却装置は、エンジンの運転によって加熱上昇するシリンダ壁の温度を一定に保ち、エンジンの熱効率を維持し、オーバーヒートを防ぐ働きをします。その主力となるラジエータは、当社の得意とする自動車用熱交換機技術により、信頼性の高い、高性能な製品として提供しています。 

製品

リザーブタンク

ラジエータ

ラジエータは、走行中のクルマのエンジンが熱くなりすぎないように冷やすための装置です。エンジンの中には冷却水が流れており、エンジンの熱を奪います。冷却水はエンジンとラジエータの間を循環し、ラジエータで大気中に熱を放出します。そして温度の下がった冷却水が再びエンジンに流れ込みエンジンを冷やします。

冷却ファン

EGRクーラ

エンジンの中で燃料が燃えてできた排気ガスの一部を、もう一度エンジンの中に吸い込ませることをEGR(Exhaust Gas Recirculation)といいます。EGRクーラは、吸い込ませる排気ガスの温度を下げる装置です。EGRにより、窒素酸化物(NOx)という環境に悪影響を及ぼす物質の発生を抑えることができます。EGRクーラにより、その働きを高めることができます。

インタクーラ

インタクーラは、ターボチャージャの下流でエンジンが吸入する空気を冷却する装置です。ターボチャージャは吸入空気をあらかじめ圧縮することにより、より多くの空気をエンジンに供給する装置ですが、圧縮の際に空気の温度が上がります。インタークーラはこの吸入空気を冷やすことにより空気の密度を高めることができ、これによりエンジンにさらに多くの空気が吸入することで、出力を上げることができます。

オイルクーラ

冷却ファンコントローラ

冷却水温計

オイルフィルタ