走行安全関係製品 ステアリングシステム

パワーステアリングは、ハンドル操作に必要な力を大幅に軽減する装置で、今やほとんどの車両に搭載されています。電動パワーステアリング(EPS)は、操舵のアシストに電動モータの力を直接利用するシステムで、油圧式に比べ低燃費が実現できます。車速センサ、トルクセンサなどの信号を受けて、ECU(コンピュータ)が最適なモータ出力を制御し、全ての走行状態で快適な操縦性と安定性を提供しています。
操舵は車両の運動に直接関与する重要な機能であるため、EPSには高い信頼性が必要です。また、運転支援システムに対しても重要な役割を担うため、たとえ異常があっても一定期間機能が失われない、「フェイルオペレーション」が求められています。
デンソーはこの要求に応え得る2系統駆動EPSを開発し、2015年より量産化しています。

製品

2系統駆動電動パワーステアリング
(コラム搭載)

DENSO Dual Assist

駆動回路とモータを2系統化した冗長設計の概念を取り入れ、万が一、1系統が機能失陥したとしても、残りの1系統でアシスト継続を可能としました。更に回路部とモータ部を一体化構造とすることで、従来比▼30%の小型化、▼20%の軽量化を達成。安心とコンパクト化を両立させました。
これにより、ドライバに安心安全なステアリングを提供すると共に、自動運転の実現にも大きく貢献します。

2系統駆動電動パワーステアリング
(ラック搭載)

DENSO Dual Assist

電動パワーステアリングモータ

ドライバーがハンドル(ステアリングホイール)を小さな力で回せるように、ドライバーのハンドル操作を補助するための装置がパワーステアリングです。従来はエンジンの力を利用した油圧式が主流でしたが、最近は電動式が増えています。そのための力を発生するのが、電動パワーステアリングモータです。電動パワーステアリングモータは、ハンドル操作時のみモータを作動させるため、省エネに役立ち、また油圧式ではできないような細かな制御が可能です。

電動パワーステアリングECU

ステアリングトルクセンサ