Alt

緑化優良工場等表彰において安城製作所が中部経済産業局長賞を受賞

2021年10月22日

株式会社デンソーの安城製作所は、工場緑化への取り組みが認められ、緑化優良工場等表彰制度(通称:全国みどりの工場大賞)において、中部経済産業局長賞を受賞しました。この制度は、工場緑化を積極的に推進し、工場内外の環境向上に顕著な功績が認められた工場や団体および個人を表彰する制度です。取り組み状況によって、日本緑化センター会長賞、中部経済産業局長賞、経済産業大臣賞と段階的に表彰されます。

受賞理由(評価された点)

  • 「デンソーエコビジョン2025」における「グリーン2倍」の環境方針を継承した「環境への関心を高める緑地づくり」に取り組み、社員・顧客・地域の視点からコンセプトを設定し、緑地の改善および質の向上に取り組んでいる。

  • 地域住民から親しまれる工場外周の総延長約1,700mにおよぶサクラ並木について、古木には専門的な管理手法による延命化、若木には土壌改良による健全化を図るなど維持管理を強化している。

  • 工場敷地のフェンスを後退させることにより地域開放緑地とした「ふれあいの里」では、四季折々の花を楽しめる配植やせせらぎの聞こえる水辺、芝生広場を整備し、地域住民の憩いの場となっている。さらに、隣接する小学校の通学路である市道が狭い箇所では、工場敷地内に遊歩道を整備して地域に開放している。また、工場付近を流れる猿渡川で、隣接する町内と共に清掃活動を継続して実施するなど地域貢献活動に積極的に取り組んでいる。


安城製作所は、2020年6月に電動化製品の開発製造強化を目的に電動開発センターを稼働させました。環境に配慮した工場で生産する電動化製品を世界各地域へ幅広く普及させ、加えて積極的に工場緑化へ取り組むことで、CO2排出量を削減し、持続可能な社会の実現に貢献します。  

    • Alt

      安城製作所外観

    • Alt

      開放緑地のふれあいの里

(株)デンソー 安城製作所の概要

1. 所在地  愛知県安城市里町長根2番地1
2. 操業開始  1967年8月
3. 従業員数  4,778名(2021年3月31日現在)
4. 敷地面積   約56万㎡(うち、緑地面積は約11万㎡)

 

<ご参考:当社グループの受賞歴>
■経済産業大臣賞
(株)デンソー北海道(2019年度)
■中部経済産業局長賞
(株)デンソー 西尾製作所(2020年)、(株)デンソー 安城製作所(今回受賞)
■日本緑化センター会長賞
(株)デンソー 安城製作所(2017年度)、善明製作所(2018年度)、大安製作所(2019年度)