デンソー、災害用備蓄食料を地域団体へ寄贈

2021年11月11日

株式会社デンソーは、2021年10月26日(火)に社会貢献活動の一環として、消費期限の近づいた災害用備蓄食料約5,000食を「特定非営利活動法人フードバンク愛知*」に寄贈しました。これまでも一部の製作所では災害用備蓄食料の寄贈を実施していましたが、今後は全社を挙げて、定期的に当団体やその他地域団体への寄贈を進め、地域課題の一つである生活に困窮されている方々への支援に取り組んでいきます。

    • Alt

      本社に保管されている災害用備蓄食料の一部

    • Alt

      フードバンク愛知からの食料提供の様子

*特定非営利活動法人フードバンク愛知
2019年に設立されたNPO法人。企業や家庭で食べられるのに捨てられてしまう食品、また食品メーカーからの好意による多くの食品提供を受け、主に東海3県の子ども食堂、ひとり親家庭、児童養護施設、大学生(留学生含む)など若い方への支援を積極的に行っている団体。