デンソー、画像センサーのさらなる広角化を実現

~道路脇からの自転車や歩行者の飛び出し検知に貢献~

2022年9月27日

株式会社デンソーは、車両周辺の歩行者や自転車を認識し、安全運転支援に貢献する画像センサーについて、検知角度のさらなる広角化を実現しました。4月に発表されたSUBARU「アウトバック」(北米仕様)の一部グレードに採用されており、このたび9月15日に公開されたSUBARU新型「クロストレック」(日本仕様)*1にも新たに採用されました。

  • 画像センサー

道路脇からの飛び出しによる交通事故は多く、日本では全歩行者の交通事故のうち約3割を占めると言われています。さらに、12歳以下の子どもでは、飛び出しによる交通事故の割合が約7割を占めるとも言われています*2。子どもの小さい体や、スピードが出た自転車の飛び出しは、ドライバーが見落としやすく、また気付いても対応が間に合わずに飛び出し事故につながってしまうケースがあります。このような状況を受けて、近年、欧州の新車アセスメントプログラム(Euro NCAP)でも、道路脇などからの飛び出し検知に対する重要性が年々上がってきています。

このような背景も踏まえ、画像センサーのさらなる広角化に挑戦し、検知角度128度*3を実現しました。これにより、低速走行時の横断自転車の検知性能が向上し、Euro NCAPで定められているアセスメント条件*4に対応できる性能まで進化しました。自動車・二輪車・自転車・歩行者が様々な速度で交わる交差点周りなどでの飛び出し事故の防止に貢献します。

広角化することで多くの対象物を検知できる一方、危険につながらない対象物も検知してしまいます。例えば、横断しようとする自転車を検知したものの、自転車がブレーキをかけて停止したため、衝突することなく通り過ぎることができるシーンにおいて、衝突回避の自動ブレーキが作動すると、ドライバーにとって不快な動作となるだけでなく、予想外の車両の動きにより別の危険が発生する可能性もあります。AI技術を採用し広角で早期に対象物を検知するとともに、時系列での動きの推定等を併用して実際に危険に至るかを見極め、不要な車両の動作の発生を抑えることで、広角化のメリットと実用性の両立を実現しました。

デンソーはこれからも、すべてのクルマに安心・安全を普及させることを目指し、ユーザーの皆さまに喜ばれる安全製品の開発を進めていきます。

本製品での検知イメージ
本製品と一般的な製品(検知角度100度)を比較したイメージ図です。検知角度が128度まで広角化することで、より早く横断自転車を検知することが可能となります。

*1 SUBARU新型「クロストレック」(日本仕様)は今秋正式発表予定。
*2 (公財)交通事故総合分析センター「2019年版 交通統計」歩行者(第1当事者)の違反別・年齢層別交通事故件数より。
*3 検知可能角度は当社測定によるもの。
*4 自車が10km/h走行時に20km/hの自転車が横断するシーンにおける危険検知のアセスメント条件。画角的に難しい条件とされているが今回の広角化により対応。

【参考情報】
SUBARU「アウトバック」(北米仕様)
https://www.subaru.co.jp/news/2022_04_13_162959/
SUBARU新型「クロストレック」(日本仕様)
https://www.subaru.co.jp/news/2022_09_15_150743/