デンソーとデンソーアグリテックソリューションズ、 北海道伊達市と「農業による地域活性化に関する包括連携協定」を締結

~デンソーの多連棟型農業用ハウス建設で、地域農業の持続的発展と活性化に貢献~

2022年9月29日

株式会社デンソー
株式会社デンソーアグリテックソリューションズ

 

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二、以下デンソー)と株式会社デンソーアグリテックソリューションズ(本社:東京都港区、社長:清水 修、以下デンソーアグリテックソリューションズ)は、北海道伊達市(市長:菊谷 秀吉、以下伊達市)と「農業による地域活性化に関する包括連携協定」を締結しました。今後三者は、伊達市でのスマート農業の普及、次代の農業を担う人材の育成・確保、および地域資源を活用した低炭素農業の普及に向けて取り組みます。

近年、就農人口の減少や気候変動による不安定な農業生産などが、世界的な食農分野の課題となっています。デンソーは、自動車領域で培ってきた技術で、環境・安心をテーマに食農分野への新しい価値の提供に取り組み、業界を超えて貢献しようとしています。

この度、伊達市との包括連携協定を通じて、デンソーは自動車領域で培った環境制御技術を農業用ハウスに適用させることによって、高品質な作物の周年栽培を実現するスマート農業の発展に共に取り組みます。また、デジタルトランスフォーメーションの活用による遠隔栽培システムを導入することで、次代の農業を担う人材の育成・確保にも貢献します。さらに、ハウスの熱源に伊達市の地域資源である木質バイオマスを活用するなど、化石燃料に頼らない低炭素農業の普及を目指します。

この活動の実現に向け、デンソーアグリテックソリューションズは、2022年5月に伊達市が実施した公開プロポーザル「(仮称)地域資源活用型農業施設整備工事」に応募し選定されました。2023年度の事業開始に向け、伊達市内で多連棟型農業用ハウス(旧稀府小学校跡地、ミニトマト栽培予定)の建設を開始しました。

  • ALT

締結式の様子
(左から)菊谷 秀吉伊達市長、デンソー 経営役員 横尾 英博、
デンソーアグリテックソリューションズ 社長 清水 修

今後、デンソーとデンソーアグリテックソリューションズは、本包括提携協定に基づき、伊達市との相互連携を強化し、農業を軸とした地域活性化に向けて取り組みを進めてまいります。