2018年度JNCAP「自動車アセスメント」において、
デンソー「Global Safety Package」搭載車が
予防安全性能評価大賞を受賞

 

2019年6月6日 製品・サービス イノベーション

5月30日、デンソー「Global Safety Package」搭載のトヨタ自動車「アルファード/ヴェルファイア」が、2018年度JNCAP*1「自動車アセスメント」において、予防安全性能評価大賞を受賞しました。
(車両の詳細については、トヨタ自動車のニュースリリースをご参照ください。https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/28286205.html )

 

デンソー「Global Safety Package」は、ミリ波レーダーと画像センサーを組み合わせることで、昼夜問わず歩行者などを認識し、安全な運転をサポートするシステムです。

本システムに搭載したデンソー製ミリ波レーダーは、検知精度を向上させる新たな変調方式を追加することにより、対象物のわずかな速度差を検知することができるようになりました。また、電波の照射範囲を広げることによりメカ機構をなくし、約6割小型化することで搭載性を向上させました。

併せて、画像センサーは、新たなレンズの開発や撮像素子の高感度化により、夜間の歩行者認識を可能にするとともに、明暗差の大きなシーンにも対応することができるようになりました。

ミリ波レーダーと画像センサーの認識アルゴリズムには、機械学習を用いることでその性能を生かし切り、自転車や三角形・四角形など、日欧米の道路標識の認識も可能にしています。また、白線や道路端の認識機能を向上させ、車線維持支援・車線逸脱抑制機能の適用範囲を拡大しました。

<Global Safety Package>

<画像センサー>
<ミリ波レーダー>

デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、これまで技術・製品開発に取り組んできました。今まで培ってきた技術を活用し、これからも、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人にとって安心で安全なクルマ社会の実現に取り組んでいきます。

* 国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。現在市販されている自動車の安全性能について評価し、結果を公表している。