社長メッセージ

当社の今期の取り組みについてご説明します。

  • message-img-koji-arima

ステークホルダーのみなさまには、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

自動車業界は、CASEやデジタル化を中心に、すさまじいスピードでビジネス環境が激変する大変革期を迎えています。そのような中、新型コロナウイルス感染症の影響がグローバルに拡大し、経済的なダメージを受けております。コロナ禍以前の経済水準に回復、復興するには、相当の時間がかかることが想定されます。

デンソーグループは、このかつてない難局をどう生き抜くかが、最大の経営課題であります。
新型コロナウイルス対応については、まずもって、社員、地域住民のみなさま、関係者のみなさまの健康や安全確保のために感染予防・拡大阻止に取り組んでおります。一方では、事態収束後の経済回復、復興に向けた態勢を整えておくことも必要と考えております。自らの体質を変革するために、聖域なき抜本的な経営改革を強い覚悟をもって進めてまいります。
この激動の時代を生き抜くには、デンソー創業期に匹敵する程の大きな熱量が必要です。
デンソーは創業当時、「世の中のお役に立ちたい」、「まだ見ぬ未来に挑戦し続けよう」という志を掲げ、幾多の困難に立ち向かい、挑戦を重ねてきました。この創業の精神は、「デンソーらしさ」として社是に込められ、今日まで受け継がれています。
現在のような不透明で、不確実な時だからこそ、「デンソーらしさ」を今一度見つめ直し、デンソーグループ17万人の総力を結集して全員一丸となって、この時代を駆け抜けてまいります。
新型コロナウイルスが猛威を振るっておりますが、ステークホルダーのみなさまにおかれましては、くれぐれも健康第一で、お気をつけてお過ごしください。引き続き変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2020年6月
株式会社デンソー取締役社長
有馬浩二