デンソーとCrewwによるオープンイノベーションプログラム
「DENSO ACCELERATOR 2018」を2018年4月23日より開始 ~“暮らしを楽しくし、みんなを笑顔に”をテーマに、既存事業の枠を超えた新規サービスを共に創出できるパートナーを募集~

2018年4月16日 イノベーション

株式会社デンソー(取締役社長:有馬浩二 以下「デンソー」)と国内最大級のスタートアップコミュニティを運営するCreww株式会社(代表取締役:伊地知 天 以下「Creww」)は、デンソーの持つ多様な事業領域と強固なネットワーク等の経営資源を活用したオープンイノベーション※1による新規事業をスタートアップ企業※2と共創する『DENSO ACCELERATOR 2018(以下「本プログラム」)』を2018年4月23日より開始します。

また、本プログラムの開始と同時にCrewwのホームページ内に専用WEBサイトをオープンし、  デンソーのリソース活用を前提に、斬新なアイデアやユニークなノウハウを持つスタートアップ企業のエントリー受付を開始します。これにより、デンソーとスタートアップ企業は、最初のシナジー発掘から協業までの最終ゴールに向け、オンライン上の簡単で迅速な選考プロセスの下、強力な連携機会の発掘が可能となります。

本プログラムでは、「暮らしを楽しくし、みんなを笑顔に」をテーマとし、次世代のエネルギーの在り方、居住者のより快適で楽しい暮らし、街と共存する暮らしを切り口に、すべての人が安心と幸せを感じることができる社会の実現に向けたサービスをスタートアップ企業と共に創出することで、新たな価値の創造を目指します。

※1 自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み

※2 独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業

DENSO ACCELERATOR 2018」概要

DENSO ACCELERATOR 2018について

「DENSO ACCELERATOR 2018」は、「暮らしを楽しくし、みんなを笑顔に」をテーマとし、次世代のエネルギーの在り方、居住者のより快適で楽しい暮らし、街と共存する暮らしを切り口に、すべての人が安心と幸せを感じることができる社会の実現に向けたサービスをスタートアップ企業と共に創出することで、新たな価値の創造を目指すプログラムです。

募集期間

2018年4月23日(月)~2018年5月11日(金)

対象企業

国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。

目的

次世代のエネルギーの在り方、居住者のより快適で楽しい暮らし、街と共存する暮らしを切り口に、社会全体の課題解決につながる新たな価値を創造する。

エントリー方法

Crewwのホームページ内専用WEBサイトにて、協業案を提案。
https://creww.me/ja/collaboration/denso-2018-04 ※2018年4月23日開設

スタートアップ企業が活用できる当社の経営資源

(1) 住宅設備機器およびデータと技術
HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)関連の機器と、データ(エネルギーデータ・機器の状態データ)、関連技術が活用可能です。

(2) 実証実験の場
協業案によっては、製品提供しているハウスメーカー、エネルギー会社、自治体などで実証実験を行うことが可能です。

(3) 自社ネットワーク
世界38の国と地域の拠点
連結子会社数 190社 (日本 62、北米 28、欧州 35、アジア 59、南米/その他 6)

・世界における約15万人の従業員
・世界約5000のサービス拠点(国内700、海外4300)
・国内販売会社  拠点数 51
・従業員向け活動/施設(情報共有ウエブサイト、社内販売サービス、社宅、厚生施設等)

(4) 出資
具体的な協業案がイメージできる案件に関しては、出資の検討も可能です。

Creww株式会社の概要

Creww株式会社は、国内最大級のスタートアップコミュニティを運営する企業です。2012年の創業以来、約5年間で、スタートアップ企業と大企業による新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラム「crewwコラボ」を約100社の大企業と実施し、約400件の協業を実現してきました。これらの豊富なノウハウを活用し、スタートアップ企業を取り巻く環境の改善を提案することで、スタートアップ企業を中心としたコミュニティーを活性化し、日本経済の発展に貢献します。