デンソー、普及型の新型画像センサーを開発 ~夜間の歩行者など認識対象を拡大し、安全性能の向上に貢献~

2018年1月29日 ニュースリリース

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、夜間歩行者や自転車などを認識し、車両の安全性能の向上に貢献する製品として、普及型の新型画像センサーを開発しました。今回開発した画像センサーは、昨年7月に発表したミリ波レーダーと合わせ、2018年1月に発売されたトヨタ「新型アルファード」と「新型ヴェルファイア」に搭載されています。

新型の画像センサーは、新たなレンズの開発、撮像素子の高感度化により、夜間の認識性能を向上させました。この画像センサーとミリ波レーダーの組み合わせにより、昼間だけでなく夜間の歩行者の認識を可能にしました。これにより、街灯のある夜間の住宅地においても、歩行者を認識し、緊急時の自動ブレーキの実現に貢献しています。

また、パターン認識の高精度化により画像認識性能を向上させることで、自転車の認識、三角形・四角形・八角形など日欧米の道路標識の認識に対応しました。さらに、白線認識アルゴリズムの改良および道路端認識アルゴリズムの追加により、車線維持支援・車線逸脱抑制機能の適用範囲を拡大しました。

今回開発した新型画像センサーは、従来品に比べ体積を約4割小型化し、搭載性を向上させることで、安全製品の普及に貢献しています。

デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、これまで技術・製品開発に取り組んできました。今まで培ってきた技術を活用し、これからも、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人にとって安心で安全なクルマ社会の実現に取り組んでいきます。

製品写真
画像センサー
夜間における歩行者の認識性能イメージ
肉眼で見た場合 
新型画像センサーで見た場合