デンソー、デジタルアウターミラーECUを開発、レクサス新型「ES」に採用 ~世界初となる量産車へのデジタルアウターミラー製品化を実現~

2018年10月25日 ニュースリリース 製品・サービス

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、ドライバーの視認性を向上させ、車両の安全性能向上に貢献するデジタルアウターミラー用のECU(Electronic Control Unit)を開発しました。今回開発したECUは、2018年10月下旬に販売が開始されるレクサス新型「ES」に採用され、量産車として世界初となるデジタルアウターミラーの製品化を実現しています。

デジタルアウターミラーは、従来の光学ミラーに比べ、視界の拡大や悪天候時の視認性向上など、車両の安全性向上に貢献できる技術として期待されています。デンソーは従来から、カメラやレーダー等による車両周辺の環境認識技術の開発に注力しており、そこで培った画像処理技術を生かし、今回、初めてデジタルアウターミラー用のECUを開発しました。

デジタルアウターミラーは、カメラ、ECU、ディスプレイで構成されています。ECUは、車外に取り付けられたカメラで撮影された映像を、各種車両情報に基づいてリアルタイムに処理、制御し、運転状況や周辺状況に合わせて車室内左右に設置されたディスプレイに表示させます。右左折時や車線変更時のウィンカー操作や、後進時のシフト操作と連動し、後方の左右映像をより広く表示させることで、ドライバーの視認性を高めます。また日中のトンネルや立体駐車場のような明暗が混在する場合においても、周辺の明るさや速度変化など車両から得られる情報を用いて周辺環境を推定することで、カメラが取り込む光量が最適となるよう制御し、周辺環境に適した視界を提供します。

デンソーは、交通事故のない社会の実現を目指し、これまで技術・製品開発に取り組んできました。今まで培ってきた技術を活用し、これからも、世界中のすべての人にとって安心で安全なクルマ社会の実現に取り組んでいきます。

【デジタルアウターミラーの構成】
【ECU製品写真】