デンソー北海道の工場を拡張 ~半導体センサーの生産を拡大し、グループ生産体制を強化~

2019年9月26日 ニュースリリース 製品・サービス

株式会社デンソー
株式会社デンソー北海道

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、デンソーグループの競争力を高める国内生産体制の強化に向けて、株式会社デンソー北海道(本社:北海道千歳市、社長:根橋 聖治)の工場を拡張して、半導体センサーの生産を拡大します。

デンソー北海道では、自動車のエンジンやエアコン、ブレーキなどのシステムに使用される半導体センサーを生産し、2009年の操業以来、累計5億台の生産実績を持っています。今後想定される電動化の進展と安全ニーズの高まりに伴うセンサー需要拡大に備え、このたび、工場を拡張します。

工場拡張と生産拡大に伴う投資額は、2025年までに約110億円を予定しています。2020年7月に着工し、2021年6月に完成、2021年10月から順次生産を開始する計画です。これにより、従業員数は2025年には約1,150人まで増加する見込みです。

デンソー北海道は、デンソーグループの半導体センサーの生産を担う中核拠点として、さらなる顧客対応力の向上に取り組んでいくとともに、地域社会の発展に貢献していきます。

 

(株)デンソー北海道の概要

1.社名

株式会社デンソー北海道

2.会社設立

2007年4月

3.所在地

北海道千歳市泉沢1007番地195(千歳臨空工業団地内)

4.資本金

26億円

5.出資比率

株式会社デンソー100%

6.社長

根橋 聖治(ねはし せいじ)

7.従業員数

1,049人(2019年4月時点)

約1,150人(2025年度見込み)

8.事業内容

半導体センサー製品の製造

9.敷地面積

約163,484㎡

10.延床面積

約34,300㎡(拡張前)

約52,650㎡(拡張後)

㈱デンソー北海道 工場拡張後完成イメージ
(株)デンソー北海道 工場拡張後の全体イメージ