デンソーウェーブとデンソー、「2019国際ロボット展」に出展 〜2019年12月18日(水)~21日(土)に東京ビッグサイトで開催〜

2019年12月3日 ニュースリリース イベント

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:中川弘靖)と株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市昭和町、代表取締役社長:有馬浩二)は、2019年12月18日(水)~21日(土)に東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」に出展します。

“LEAN” for your Factory」をテーマに、強い現場をつくるパートナーとして、自社工場で培ってきたモノづくりのノウハウから生まれた工場のトータルソリューションをご提案します。「生産性」と「使いやすさ」を追求し、進化を続けるデンソーロボットの新製品・新機能をはじめ、工程設計から機器導入までのリードタイム短縮、導入後の維持・改善を支援するソリューションなどを展示します。

出展内容については下記Webページでもお知らせしています。

展示会概要

名称 2019国際ロボット展
会期 2019年12月18日(水)~21日(土)
開場 東京ビッグサイト 西ホール 1F 西2ホール ブースNo. W2-29

主な展示内容

自動化ソリューション

ミニ生産ラインを設置し、デンソーロボットの新たなラインアップと新型ロボットコントローラーを展示します。また、昨年発売したデンソーウェーブ初の人協働ロボット「COBOTTA」を活用し、「Industry」「Laboratory」「Academic」「Office」の4つの分野におけるソリューションを展示します。各パートナー様と取り組んだ、工場での高難度作業やオフィス業務の自動化アプリケーションをご紹介します。

工程合理化ソリューション 

デンソーの現場から生まれた、機器導入前から運用後の維持・改善までを見据えて生産性を追求するソリューションを展示します。今回は、外観検査ソリューション「D-Vision」や在庫低減ソリューション「D-Depot」、設備間搬送パッケージ「D-Carry」、産業用ロボット向け汎用架台パッケージ「D-Cell」をご紹介します。

IoTソリューション 

200種類を超えるプロバイダに対応し、多種多様な設備・アプリケーションと簡単に接続できるミドルウェア「ORiN」を標準搭載した「IoT Data Server」を展示します。複雑なプログラムを組まずに簡単に設定できる「現場で使えるIoT」の取り組みを、事例とともにご紹介します。

工場セキュリティソリューション

お客様の現場に最適なセキュリティソリューションをご提案する「工場セキュリティ診断」サービスをご紹介します。また、「生産情報」「製品の品質」「作業者の安全」を守る各ソリューションも展示します。

ブースイメージ

(注) ニュースリリースに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。その後、予告なしに変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。