Iwate2

デンソー岩手が新工場を建設

デンソーグループ生産体制強化の一環で生産拡大

2017年3月29日

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、グループ競争力を高める国内生産体制の実現に向けて、グループ会社である株式会社デンソー岩手(本社:岩手県胆沢郡金ケ崎町、社長:伊藤 秀一)に新工場を建設して、生産を拡大します。

デンソー岩手では、従来から生産している半導体ウエハや今年6月から生産開始予定の半導体センサーに加え、新工場で新たに自動車用メーター等の生産を計画しています。

新工場建設と生産拡大に伴う投資額は、2020年までに約100億円を予定しています。2017年10月に着工し、2018年10月に完成、2019年5月から順次生産を開始する計画です。これにより、従業員数は2020年には約1,000人まで増加する見込みです。

デンソー岩手は半導体ウエハの専業拠点から、デンソーグループのエレクトロニクス製品の生産の一翼を担う拠点として、さらなる顧客対応力の向上に取り組んでいくとともに、地域社会の発展に貢献していきます。

<(株)デンソー岩手の概要>

1.社名

株式会社デンソー岩手

2.創業年月

2012年10月1日

3.所在地

岩手県胆沢郡金ケ崎町西根森山4-2

4.資本金

23.5億円

5.出資比率

株式会社デンソー100%

6.社長

伊藤 秀一(いとう しゅういち)

7.従業員数

616人(2017年2月末)
約1,000人(2020年度見込み)

8.事業内容

半導体ウエハ・センサーの製造、販売

9.敷地面積

約290,000㎡

10.延床面積

約 106,000 ㎡(拡張前)
約 126,000 ㎡(拡張後)
デンソー岩手新工場完成イメージ
デンソー岩手新工場完成イメージ
(株)デンソー岩手 新工場 完成イメージ