データもコストもムダにしない!PoCプロセスをDXする「D-tote」を開発

~効率的な製品・サービスの開発を目指して社内サービスを開始~

2022年2月3日

株式会社デンソーは、製品やサービス開発におけるPoC*1に必要な環境を、短期間で簡易に実装可能にするサービス「D-tote(ディートート)」を開発しました。今年度よりデンソー社内で利用を進めており、このたび、D-toteにつながる社有車「toteCar(トートカー)」によるデータ収集も開始しました。

CASEの進展や未来のモビリティ社会を見据え、新たな領域の製品やサービスの開発を進めるデンソーでは、多様な開発プロジェクトが進み、膨大な数のPoCが行われています。プロジェクトごとにPoC環境を構築するため、システムやデータの再利用が難しく、また、構築や運用に関するノウハウも蓄積されていかず、多くの時間とコストがかかっていました。D-toteはこのような課題感を背景に開発されており、PoCプロセスをDXにより効率化することで、製品やサービス開発のスピードアップを実現します。

■D-toteとは?
「部品のすべてを手の中に-All of the parts on your hands-」をコンセプトとして、共通利用が可能な基盤をベースに、車載器のレンタル・設置から、車載センサーなどとの接続、クラウドへのデータ送信と集積、プロジェクトへのデータ提供まで、PoCにおけるデータ収集プロセスを一貫して行うサービス「D-tote」を開発しました。短時間で簡単に環境をセットアップできるため、ソフトウェアやクラウドに知見のないユーザーでも手軽に利用することが可能です。時間とコストを費やすことなく、データ収集と利活用を進め、より付加価値の高い製品や、サービスの開発に集中できる環境へシフトすることを目指します。

■D-toteの特徴

  • PoCにおけるデータ収集を共通基盤化することで、新規構築の工数を最小化。製品やサービス開発に必要なデータ分析を効率化し、開発期間の短縮に貢献。最短1日でのセットアップも可能。

  • 長期間かつ複数車両からのデータ収集が簡単になり、実車評価の効率化に貢献。

  • 車載器上のアプリケーションとクラウドとで双方向通信を行うため、複数台に対して遠隔から一度でアプリケーションの配布・変更・更新が可能。

  • D-tote側で全体のセキュリティや運用管理を行うため、ユーザー側でのケアが不要。

また、D-toteにつながる社有車「toteCar」の運用も開始しました。車両にあらかじめ搭載されている車載器にセンサーなどを取り付け、車載器のモジュールをアップデートするだけで、社員がtoteCarを利用するたびにデータがクラウドへ集積されます。これにより、プロジェクトごとに車両準備や走行試験を実施することなく、効率的にデータを取得することが可能になります。

D-toteは今後、車載器や接続可能なセンサーのラインナップをさらに充実させ、収集したデータの利活用を促進し、集積された過去のデータや知見から新たな製品やサービスの検討ができるようなデータハブ*2としての役割も目指していきます。また、社外へのサービス提供も見据え、製品やサービス開発の現場のニーズに寄り添い、ユーザーからのフィードバックを受けてアジャイルに機能を拡大していきます。

デンソーはこれからも、新たなモビリティ社会の実現に向け、新しい製品やサービスの創出に注力できるような開発環境の構築に力を入れていきます。

 

*1 Proof of Conceptの略称で、新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした、試作開発の前段階における検証やデモンストレーション。
*2 データを蓄積し、欲しいデータを欲しいタイミングで取り出すことができる仕組み。