医師を支えることは、 命を救うこと。

デンソーが医療の分野へ進出する―。それも人の命を預かる手術支援ロボットの開発で。
2012年、自動車部品の分野を強みとする私たちは、医療分野への参入という大きな挑戦に踏み出しました。
注目したのは「手術」。
世界の命を、デンソーの技術で守りたい。
その思いを胸に、手術支援ロボット「iArmS」の開発がスタートしました。

ますます高度化する
医師たちの技術

加速する高齢化社会において、脳神経外科などの難しい手術も増えています。顕微鏡を使いながら、1mmにも満たない脳内の血管を0.02mmの糸で縫合する非常に繊細な手術。しかもそれが12時間以上に及ぶこともあるといいます。手元を少しでも誤れば重大事故に発展しかねない状況下で、医師には肉体的・精神的に大きな負担がかかっています。

医学・医療工学・産業技術の
三位一体プロジェクト

私たちがこれまで自動車や産業機器の分野で培ってきたセンシング技術とロボット技術。それらを活かすことで、手術を行う医師の負担を少しでも軽くすることができれば……。その思いが手術支援ロボット開発の原点でした。大学病院と協同でプロジェクトを立ち上げ、開発が始動。医学・医療工学・産業技術の思いが集結しました。

医師を支える
そのためにはいかに安全性と操作性を高めるか

医師が繊細な手術を正確に行うためには、どれだけ手元を安定させることができるかが勝負。それを、手術時に医師の腕から手首を支える「ロボットアーム」の開発により実現しました。アームは医師が動く際には滑らかに追従し、術中には医師の腕をしっかりと支えて震えや疲れを抑えます。手術時に求められる安全性と直観的な操作性は、モータを使用しない構造、そしてスイッチなしでモードの切り替えを行う構造を採用することで実現しました。 

なぜモータを使わずに動くのか

安全性を高めるとともにいかに故障を防ぐか、その視点からモータレス構造を選択。iArmSはカウンターウエイト※方式によって重力バランスが設計され、重りの質量や位置を変更することで調整しています。iArmSは医師の腕の自重と摩擦力のみで追従しているのです。

※釣り合いをとるための重りのこと。

なぜスイッチがなくてもモード切り換えができるのか

iArmSに操作スイッチはありません。アームの各関節にある角度検知センサーやアーム先端部の荷重検知センサーが医師の腕の動きや重さに反応して各関節のブレーキを調整することでモードを切り替えています。

震えと疲れを確実に減らすサポーターに

脳神経外科医による非臨床研究では、iArmSを使うことで腕の震えを大幅に抑えることができました。従来よりも手術後の腕の疲れが軽減したとの声も。これまで約90症例の手術を行い、手術時の心強いサポーターとして、医師たちから操作性、機能性、安全性について高い評価を得ています。

左から
奥田英樹さん iArmS開発技術者
小山俊彦さん iArmS開発技術者

「さらなる進化で、医師を支え、命を救う手助けを。」

私たちの技術で、 安心・安全な暮らしをサポートしたい

2014年、iArmSは第6回ロボット大賞のサービスロボット部門で優秀賞を受賞し、医療や健康の分野においても社会に貢献していく新たな一歩を示しました。iArmSは現在、脳神経外科と耳鼻咽喉科が対象ですが、今後は他の診療科やさらにはグローバル展開も視野に入れ、より一層開発を加速させていきます。
今後も自動車や産業機器分野で培ってきた強みを活かし、人々が安心・安全な毎日を送る手助けをしていきます。