デンソー、電動化領域の開発・生産体制を強化 ~デンソーグループ全体で約1,800億円を投資~

2019年4月5日 ニュースリリース

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、自動車の電動化領域における開発、生産体制を強化するため、デンソーグループ全体で2018年度から2020年度末までの3ヵ年で     約1,800億円の投資を行います。

デンソーは、将来のモビリティ社会の実現に向けた注力分野として、電動化領域の技術開発に取り組んでおり、これまで、ハイブリッド車向けのインバーターやモータージェネレーター(MG)、マイルドハイブリッド用の電池パックなど、電動化車両のキーコンポーネントの開発、生産を行ってきました。近年、自動車の電動化は世界中で急速に進んでおり、電動化製品の世界的な需要の高まりを受け、今後さらなる開発、生産体制の強化を行います。

その一環として、2020年5月にデンソー安城製作所内に「電動開発センター」を開設します。電動開発センターでは、先行開発から試作、実証、量産ラインの立ち上げ・安定化までを一貫して行うことで、電動化領域の製品開発のスピードを加速します。

また、このたびトヨタ自動車株式会社との電子部品事業の集約について正式決定したことに伴い、2020年4月に同社広瀬工場における電子部品の生産事業をデンソーに移管します。今後、安城製作所とともに、広瀬工場を電動化領域のグローバルマザーとして位置づけ、さらなる生産体制の強化を行うことで、開発、生産工程を確立させ、世界各地の製造拠点に優れた生産ラインを展開していきます。

デンソーは電動化製品のグローバルな供給体制を構築し、電動化製品を世界各地域へ幅広く普及させることで、持続可能な社会の実現に貢献します。