デンソー、MaaS(Mobility as a Service)領域の技術開発を加速させるため、オンザロード社に出資

MaaS(Mobility as a Service)システムの開発体制を強化

2018年4月18日

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、MaaS (Mobility as a Service) * システムの技術開発を加速させるため、クラウドやエッジコンピューティング等で、次世代のソフトウェア開発を行う株式会社オンザロード(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:滝川 将宗)に出資しました。出資額は1.6億円、出資後の出資比率は14.88%となります。

MaaSを実現するためには、Internet of Things (IoT)技術を利用することで、高速に移動する移動体から得た情報をリアルタイムに収集・解析し、その結果をクラウドを介して、運行管理やカーシェア等のサービス提供者に最適な形で伝えていく必要があります。デンソーは、MaaS領域を技術開発の注力分野の一つと定め、多様な車両情報を一元管理、共有するためのクラウド技術や情報を解析するAI技術、車載エッジコンピューターなどの技術開発を加速させています。

今回出資を行うオンザロード社は、従来から通信やクラウドを使った大規模なシステム開発において実績があり、次世代のモビリティサービスに必要となる基幹技術の開発において高い技術力を有しています。今後デンソーは、オンザロード社の技術力や開発リソーセスを活用することで、MaaSシステムの開発体制を強化し、ソフトウェア技術開発を加速させます。これらの技術により自動車メーカーやサービス提供者の製品開発、サービス開発の成功に貢献していきます。

デンソーは、新たなモビリティ社会の実現への貢献を目指し、国内外のIT企業との仲間作りを積極的に推進しています。今後も、クルマに乗る人だけでなく、クルマを持たない人にも安全・安心で便利な移動手段の提供を目指し、MaaSの実現に貢献していきます。

*MaaS (Mobility as a Service)

人やモノの移動における需要者と供給者をマッチングすることで、最適な移動手段の組み合わせを提供し、予約や決済など必要な手続きも一括して行う仕組み。これにより車を持たない人でも、簡単に移動サービスを利用し自由に移動することができ、さらに物流を効率化することなどが可能となる。

<オンザロード社の概要> 

1.社名

株式会社オンザロード

2.所在地

愛知県名古屋市中区錦1丁目19番24号 名古屋第一ビル 4階

3.社長

滝川 将宗

4.設立年月

2001年4月

5.資本金

2千万円

6.事業内容

ソフトウェア開発事業、エデュケーション事業