デンソーによる、JASMへの少数持分出資について

Taiwan Semiconductor Manufacturing Company Limited
ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
株式会社デンソー

 

TSMC、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(以下「SSS」)、株式会社デンソー(以下「デンソー」)は、TSMCの半導体受託製造子会社で、TSMCが株式の過半を所有するJapan Advanced Semiconductor Manufacturing 株式会社(以下「JASM」)に対して、デンソーが約3.5億米ドル(約400億円*)の少数持分出資を行うことを発表しました。この出資により、デンソーはJASMの10%超の株式を取得します。

JASMのファウンドリは、2022年(以下暦年)の建設開始を予定しており、2024年末までに生産開始を目指します。また、TSMCは市場ニーズに応えるため、既に公表済みの22/28nmプロセスに加えて、12/16nm FinFETプロセス技術による製造も担えるようJASMの能力を強化し、月間生産能力を55,000枚(300mmウェーハ)に増強する予定です。今回の生産能力増強に伴い、このファウンドリへの設備投資額は、約86億米ドル(約9,800億円*)となる見込みで、日本政府からの強力な支援を受ける前提で検討しています。このファウンドリでは、約1,700名の先端技術に通じた人材の雇用創出を見込みます。

このJASMとデンソーにおける取引の完了は、一般的なクロージング条件を満たすことが条件となります。

※1米ドル=114円として計算

TSMC CEO  Dr. シーシー・ウェイ
JASMにデンソーが加わり、共にトランスポーテーションの未来に新たなイノベーションを起こすことができることを大変嬉しく思います。TSMCにとってJASMは、市場のスペシャリティ技術へのニーズに応える場となるだけではなく、日本の優れた半導体人材を活用し、グローバルな半導体エコシステムの成長に貢献するチャンスでもあります。

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 社長 兼 CEO 清水 照士
世界的に半導体需要が伸びることが予想される中、JASMは、当社だけでなく、産業界全体のロジックウェーハの安定調達に寄与するものと期待しています。今回新たにデンソーが加わったことは大変喜ばしく、共にJASMの立ち上げをサポートしていきたいと考えています。

株式会社デンソー 代表取締役 有馬 浩二
自動運転や電動化といったモビリティのテクノロジー進化の中で、半導体は自動車業界においてますます重要になっています。今回のTSMCとのパートナーシップにより、車載半導体の中長期的な安定調達を実現し、自動車産業全体に貢献していきたいと考えています。


<TSMCについて>
TSMCは1987年に設立され、お客様製品の製造を受託する、専業ファウンドリビジネスモデルの先駆者です。業界をリードするプロセス技術と設計支援ソリューションのポートフォリオにより、世界のお客様とパートナーの盛況なエコシステムをサポートし、半導体業界にイノベーションをもたらしています。アジア、ヨーロッパ、北米において事業をグローバルに展開し、世界中で企業市民としての貢献を続けています。
2021年には、291種のプロセス技術を展開し、最先端で特殊な高度パッケージング技術の幅広いサービスを提供することで、535社のお客様を対象に12,302の製品を製造しました。また、世界で最先端の半導体プロセス技術である5ナノメートルの製造能力を提供する初のファウンドリで、台湾新竹サイエンスパークに本社を置きます。詳細は以下をご覧ください:https://www.tsmc.com

<ソニーセミコンダクタソリューションズについて>
ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社は、ソニーグループ株式会社の100%子会社であり、イメージセンサーを中心に、各種LSI、レーザー、ディスプレイデバイスを含む半導体デバイス事業を展開するイメージセンサーのリーディングカンパニーです。個人の生活に利便性や楽しみを提供するための進化したイメージング技術に加えて、新たなセンシング技術を開発・導入することで、人や機械の視覚・認識機能を究極に高める様々なソリューションの展開に取り組んでいます。詳細は以下をご覧ください:https://www.sony-semicon.co.jp/

<デンソーについて>
デンソーは、先進的な自動車技術、システム、製品を提供するグローバルな自動車部品メーカーです。「地球に、社会に、すべての人に、笑顔広がる未来を届けたい」をスローガンに、クルマの未来を切り開き、「環境」「安心」に貢献する価値を生み出す6つのコア事業、サーマルシステム、パワートレインシステム、エレクトリフィケーションシステム、モビリティシステム、センシングシステム・セミコンダクター、非車載事業(FA、農業、他)を柱に、事業活動に取り組んでいます。詳細は以下をご覧ください。https://www.denso.com/jp/ja/

 

適時開示資料は、こちらをご確認ください。