交通安全総点検と高齢ドライバーの運転寿命延伸を行う「大府市yuriCargo(ゆりかご)プロジェクト」を開始

~データに基づいた、交通安全対策への取り組みと高齢ドライバーの運転技能の維持・向上によるすべての人が安全で自由に移動できるまちづくり~

2022年5月26日

愛知県大府市
株式会社デンソー

愛知県大府市(市長:岡村秀人、以下「大府市」)、株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬浩二、以下「デンソー」)は、すべての人が安全で自由に移動できるまちづくりをみんなで目指す「大府市yuriCargo(ゆりかご)プロジェクト」を2022年5月17日から開始しました。

本プロジェクトでは、スマートフォンで運転をスコアリングし安全運転意識を高めるアプリケーション「yuriCargo」で収集した運転データを活用し、交通安全総点検とその対策、高齢ドライバーの運転寿命の延伸に取り組みます。

  1. 「交通安全総点検プロジェクト」では、市民や団体、企業と協働によって集めた運転データを活用し、潜在的な危険箇所を特定し、生活道路や通学路の総点検を行います。運転データを活用した交通安全対策に取り組み、生活道路の交通安全性の向上を目指します。

  2. 「高齢ドライバーの運転寿命延伸プロジェクト」では、高齢ドライバーの運転データから運転傾向を分析し、大府市がこれまでに行ってきた、国立長寿医療研究センターが開発したVRによる運転技能検査や、自動車学校での安全運転講習「プラチナ運転講習」といった先進的な取り組みとあわせて、高齢ドライバーの運転技能の維持・向上を目指します。

なお、一定の期間安全運転意識の高い運転をしたドライバーには、大府市内の賛同いただいたコメダ珈琲店舗にて、ドリンクを注文いただくとミニソフトクリームなどお礼を提供する予定です*1

大府市とデンソーは、本プロジェクトを通じて、より多くの運転データを収集・活用して、地域全体で安全運転への意識を高めることで、すべての人が安全で自由に移動できるまちづくりを目指します。また、「yuriCargo」を活用する交通安全活動の取り組みおよび高齢ドライバーの運転寿命延伸として効果検証を進め、モデルケースとなることを目指します。


<大府市yuriCargoプロジェクト概要> 期間:2022年5月17日~2023年3月31日

1. 交通安全総点検プロジェクト

 

目的  地域全体の安全運転意識の向上とデータに基づいた潜在的な危険箇所の把握及び対策実施
対象  大府市内を運転する機会があり、スマートフォンを所有している方
内容

 スマートフォンで運転をスコアリングし安全運転意識を高めるアプリケーション「yuriCargo」で収集した運転データを活用・分析し、急加減速、交差点通過速度などを統計化し、生活道路の危険箇所を特定します。

  • 参加者は、自分では気づきにくい危険につながる運転の癖を「yuriCargo」から確認し、安全運転意識を高めることができます。

  • 大府市は、生活道路の運転データを活用し、交通安全対策に取り組みます。

参加方法
  • スマートフォンに「yuriCargo」をインストール

  • アプリケーション内でアカウント登録後、マイページから「大府市」プロジェクトに「参加する」をタップ

  • スマートフォンを携行し交通安全を意識した運転を実施

※インストールは、App StoreおよびGoogle Playで「yuriCargo」と検索、または下記のQRコード*2を読み取ってください。


2. 高齢ドライバーの運転寿命延伸プロジェクト

 

目的  データに基づいた高齢ドライバーの運転技能の維持・向上、運転寿命延伸の施策の効果検証および改善
対象  プラチナ長寿健診運転技能検査やプラチナ運転講習を受診・受講する、スマートフォンを所有している方
内容  プラチナ長寿健診運転技能検査やプラチナ運転講習の申し込み時に「yuriCargo」をインストールいただきます。日常的に安全意識高く運転を行っていただき、講習受講前後の運転傾向の分析と評価を行います。

<それぞれのコメント>

大府市は、このたびデンソーが開発したスマートフォンアプリ「yuriCargo」を用いて、収集した参加者の運転データを分析し、交通安全対策や運転寿命延伸のための事業に役立てるモデル事業を実施していきます。

デンソーは、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人にとって安全で自由な移動を実現し、人々が安心して暮らせる社会づくりに貢献するため、技術や製品の開発に取り組んでいます。「yuriCargoプロジェクト」は、楽しみながら参加できる交通安全活動と、データによる社会貢献をコンセプトに、交通事故の低減を目指す取り組みです。本プロジェクトを通じて、大府市とともにより活用・分析しやすい形でのデータ提供を試行します。スマートフォンを活用した運転寿命延伸の取り組みをモデル化し、安全に移動できるまちづくりを広げていきます。「yuriCargo」の詳細についてはこちらをご覧ください。https://yuricargo.com/

*1お礼の提供に関しては、詳細が決定次第、アプリ内や店舗で情報発信いたします。
*2 QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

デンソーは、事業活動を通じた社会的な課題の解決により、SDGsに貢献します。

  • sdg_icon_03_ja