マスクの需給緩和に向けてデンソー内の生産活動に使用するマスクを自社で生産開始

2020年4月27日 その他トピックス

世界各地で拡大している新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、今なお闘病中の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。また、感染拡大防止に向け日々ご尽力されている皆さまに深く感謝と敬意を表します。

株式会社デンソーは、新型コロナウイルス感染症の影響による社会的なマスク不足の中、マスク着用を求められている国や地域で円滑に生産活動を行うため、デンソーグループ社員向けに4月27日より自社施設内でのマスクの生産を開始しました。

デンソーの歴史においてマスク生産は初の試みですが、自動車部品の開発・生産で培ってきた経験と技術を活用し、設備設計から製作まですべて内製で行い、社内にクリーンブースを設け、衛生面が確保された環境で生産しています。今後は順次生産性を向上させながら、5月以降には1日10万枚の量産を目指していきます。マスクの自社生産を通じて、市場からの調達数を減らすことで社会的なマスク不足の緩和に貢献していきます。また、生産が安定した際には地域社会などへの寄付も検討していきます。

今後もデンソーは、地域の皆さまやお客さま、社員およびその家族の健康と安全確保を最優先に、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に取り組み続けていきます。

Alt

 

Alt 

※「ココロハコブプロジェクト」 とは、東日本大震災の被災地を支援するために、全国から「心を運ぶ」という気持ちを込めて、トヨタ自動車、トヨタ販売店及びその従業員が、継続的かつ長期的に実施してきた支援活動の総称です。今回は新型コロナウイルス感染症で闘病中の方、日夜奮闘されている医療従事者・政府・自治体関係者の皆さまに対して何か貢献できないかとの思いから、トヨタグループが力を合わせて取り組む支援活動の総称を「ココロハコブプロジェクト」といたしました。