空調関係製品 乗用車向けエアコン

乗用車向けエアコンは、コンプレッサ、コンデンサ、エバポレータなどから構成される冷房用の冷凍サイクルと、エンジンの熱を利用する暖房用のヒーターコアで構成されています。冷房と暖房をミックスし適温を作り出すためにエアコンユニットとコントロールデバイスが用いられています。当社ではこれらのコンポーネント技術やシステム制御技術などのエキスパートとして、高い環境性能と信頼性、および小型軽量を両立する乗用車向けエアコンを提供しています。 

製品

エアコンユニット

エアコンは、クーラによる冷気と、ヒータによる暖気を混ぜ合わせて、空気を設定された温度に調節します。また、一度冷やした空気を温めることにより、除湿も行います。さらに、風量を調節し、空気の吹き出し口を切り替えて、快適な空調を提供します。エアコンユニットは、これらの機能を一体化した装置です。

エバポレータ

エアコンの中では、冷媒という物質が循環しながら熱を運び、空気を冷やしています。液体の冷媒が気体になる際に、気化熱で空気を冷やします。エバポレータは、その中で冷媒を気化する装置です。
[ECSエバポレータ]
エバポレータの上流には、液体冷媒が気化しやすいように、圧力を下げるための膨張弁が使われます。この膨張弁の代わりにエジェクタという装置を使ったのがエジェクタサイクルで、省エネが実現できます。ECS(Ejector Cycle System)エバポレータは、エバポレータの中に、エジェクタを一体に組み込んだ装置です。

ヒータコア

ヒータコアは、エンジン冷却水の熱を利用して空気を暖める熱交換器です。ヒータコアの内部には高温のエンジン冷却水が流れ、この熱でヒータコアを通過する空気を暖めることができます。ヒータコアは通常はエアコンユニットに内蔵されています。

コンデンサ

エアコンの中では、冷媒という物質が循環しながら熱を運び、空気を冷やしています。液体の冷媒が気体になる際に、気化熱で空気を冷やします。気体となった冷媒は、再び液体に戻す必要があります。気体の冷媒を液体に戻すためには、一度冷媒を圧縮し、さらに外気に当てて冷やす必要があります。コンデンサは、この圧縮された気体の冷媒を外気で冷やし、液体に変える装置です。

コンプレッサ

エアコンの中では、冷媒という物質が循環しながら熱を運び、空気を冷やしています。液体の冷媒が気体になる際に、気化熱で空気を冷やします。気体となった冷媒は、再び液体に戻す必要があります。気体の冷媒を液体に戻すためには、一度冷媒を圧縮し、さらに外気に当てて冷やす必要があります。コンプレッサは、この気体の冷媒を圧縮する装置です。

ブロワモータ

サーボモータ

キャビンエアフィルタ

空気清浄器

空気清浄器は、車室内の空気をフィルタでろ過して、空気に含まれる花粉、ほこり、カビ菌、有害物質、臭い成分などを除去、分解する装置です。光触媒やプラズマクラスターイオン発生装置を備えたタイプもあります。

リアクーラ

リアクーラは、クルマの後部座席側の空調を行うための装置です。通常は車室の前方にエアコンがありますが、後方にも独立したクーラを設けることにより、リアウインドからの日射の影響を受けやすいセダンなどの後部座席や、車室空間の広いワンボックスなどでも、全席が快適な車室環境を保つことが可能となります。

内気センサ

内気センサは、クルマの中の空気温度を測るセンサです。エアコンが車室内の温度を希望の温度に保つために必要です。

日射センサ

日射センサは、クルマの中に差し込んでいる太陽の光の強さを測るセンサです。太陽光の有無により乗員の体感温度が変わります。日射センサの情報は、エアコンが車室内の温度を希望の温度に保つために、他のセンサの情報と組み合わせて使われます。

湿度センサ

湿度センサは、クルマの中の湿度を測るセンサです。カーエアコンにとっては、車室内の温度調節だけでなく、除湿も重要な機能です。窓が曇らないための制御や、必要な除湿の能力を調整することで省燃費にも貢献します。

エバポレータ温度センサ

冷媒圧力センサ

ブラシレスモータコントローラ

エアコンパネル&ECU

エアコンパネルは、エアコンの設定温度、風量、吹出口の表示や、操作スイッチが配列されたパネルです。エアコンECU(コンピュータ)は、クルマの中の空気温度や湿度を、好みの状態に保つように自動で調節するためのコンピュータです。

その他の空調関係製品