走行安全関係製品 運転支援システム

「走行環境」「ドライバー」「クルマ」刻々と変化するそれぞれの状態をセンシング技術により認識し、先進的な運転支援システム・製品を実用化しています。例えば、先行車両との車間距離を保って走行する車間制御クルーズシステム、前方車両や障害物との衝突を予測しブレーキ制御などを行う衝突回避支援ブレーキ、路面の白線を認識して車線中央付近を走行しやすいように支援するレーンキーピングアシストシステムなど、クルマの安全性向上に貢献しています。 

製品

ミリ波レーダ

ミリ波レーダは、クルマとその前方のクルマなどとの距離や相対速度を測るセンサです。この情報をもとに、様々な運転支援システムが作動します。例えば、プリクラッシュセーフティシステムは、追突の恐れがある場合、運転者にそれを知らせ、シートベルトを事前に巻いて乗員を保護し、ブレーキの力を強めるなどといった、万が一衝突したときでも被害を可能な限り小さくする機能です。

レーザレーダセンサ

画像センサ

画像センサは、走行路上の障害物や道路上の白線を捉える、映像カメラを用いたセンサです。画像センサの情報により、脇見や居眠り運転でクルマが車線から外れそうになった場合、これを自動的に検出し運転者に知らせる、レーンキーピングアシストシステム等が作動します。

走行支援ECU

走行支援ECU(コンピュータ)は、画像センサやミリ波レーダーセンサーなど、クルマの周囲の状況を捉えてくれるセンサからの様々な情報をもとに、障害物との距離などを計算したり、車線からはみ出していないかどうかを判断したりするコンピュータです。これらの情報をもとに、衝突の恐れなどの危険な状態をクルマが自動的に検出し、事故を防いだり、衝突の被害が小さくなるようにコントロールするシステムが働きます。

ソナーセンサ

ソナーセンサは、バンパに取り付けられ、超音波を利用してクルマと周囲の障害物との距離を測るセンサです。このセンサを用いた周辺監視システムは、音声や警報音、画像表示などの手段により、障害物との距離が近いことを知らせます。バックや駐車する際に、死角に入った障害物との接触を避けることができる、便利で安全なシステムです。

シートベルトECU

シートベルトは、通常クルマが衝突した瞬間に乗員の体をシートに固定するよう巻き上げられます。シートベルトECU(コンピュータ)は、衝突する直前にあらかじめベルトを巻き上げるよう命令を出すコンピュータです。ミリ波レーダーセンサーなどの情報をもとに、衝突が避けられないと走行支援ECU(コンピュータ)が判断した場合、その命令を受けてシートベルトを操作します。

周辺監視カメラ

ドライバステータスモニタ

ドライバステータスモニタでは、カメラで撮影したドライバーの画像をもとに、ECU(コンピュータ)が顔の向きや目の開き具合などを解析し、決められた時間、眼を閉じたり、正面を向いていない状態が続くと、ドライバーに警報を鳴らして安全運転を促します。