沿革

創業から現在に至るまで、デンソーの歩みをご紹介します。 

経営の基盤となる「技術・技能力」「品質第一の思想」「生産・営業体制の強化」「世界の潮流を見越した経営方針の確立」などを行う。 

1949年

トヨタ自動車から分離独立し、日本電装株式会社を設立

1953年

ドイツ・ロバートボッシュ社と電装品に関する技術提携契約を締結

世界に通用する製品づくりを目指し、社外からも積極的に技術を学ぶ。

1954年

各地に整備工場を設置する「指定サービスステーション制度」を開始

デンソー製品の修理や交換など、各地のエンドユーザーへのサービス向上を図るため、現在では、世界中に4,600のサービス網を整備。

技能養成所を開設

「モノづくりは人づくり」「技術と技能の両輪」の思想は、今日にも受継がれる。

1955年

噴射ポンプ準備室を開設

設立時の電装品の開発・生産に加え、事業分野を広げる。現在は、パワトレイン、熱機器、電子、情報通信機器など幅広い製品分野で事業を行い、製品単体だけでなく、システム全体での提案が強み。

1961年

品質管理の最高権威であるデミング賞を受賞

受賞に向けた社員全員参加での取組みが、今日も続く「品質第一」の思想や風土の礎。

1965年

池田工場(愛知県)および広島工場の操業を開始

本社以外の生産拠点を初めて設立。現在は、世界140以上の拠点で生産を行う。

1966年

米国にシカゴ営業所、ロスアンゼルス・デトロイト出張所を開設

海外初の営業所の設立は、貿易の自由化など、世界の潮流を見越しての対応。

1968年

IC研究室を開設

将来的に自動車部品が電子制御化されることを見越し、早くから社内でICの研究開発を行う。電子関連製品は、現在のデンソーの主力製品の一つ。