地域社会とともに

デンソーグループ社会貢献活動基本方針(2006年度制定)

デンソーとデンソーグループ会社は、社会の持続的な発展に貢献するため、よき企業市民として、積極的に社会貢献活動を推進し、ステークホルダー(注1)から信頼され、共感される企業を目指します。注1:デンソーをとりまく関係者(お客様、株主・投資家の皆様、仕入先様、地域の皆様、社員)

取り組み姿勢

  • 各国・各地域の実情に合致した活動を、地域社会と協力しながら推進します
  • 国・地域をまたがる社会的課題に目を向け、グループ会社相互に協力しながら、社会貢献施策づくりに取り組みます
  • 持てる資源を有効に活用し、また社員の持つスキルやノウハウを活かした活動に努めます

重点活動

事業を行うそれぞれの地域の社会的要請を踏まえながら、以下の分野を中心に社会貢献活動に取り組みます。

(1)環境との共生

コミュニティの自然環境保護及び、地球環境保護に貢献します。

(2)安心安全な街づくり

コミュニティごとの困りごとの解決として、交通安全をはじめ地域社会の安心・安全に資する活動を実施します。

(3)人づくり

①青少年育成

次世代を担う人材育成のため、科学技術・技能に関する教育活動及び、社会の持続的な発展に資する教育活動を支援します。

②障がい者福祉

社会参加に意欲のある人たちへの自立の支援とその機会づくりに貢献します。

社員の自主活動・支援制度

社員参加の風土づくり社員のボランティア活動支援に取り組み、社員が自主的に社会貢献活動に参加する風土づくりに努めます。

地域社会とのつながり

情報発信積極的な情報発信と、双方向のコミュニケーションを通じて、ステークホルダーとの信頼関係を深めます。