DENSO ADAS / AD 安心できる、自動運転

#2自動運転のレベル

 自動運転は、どの部分まで、あるいはどのシーンまで自動化されているかによって5段階のレベルが定義づけられています。

(運転者支援)

車両の加速、制動(前後方向)、もしくは操舵(左右方向)のいずれかの操作が自動で行なわれる。ただし、場所や自然環境などによって運用が制限されることがある(レベル4まで共通)。

(部分的自動運転)

車両の加速、制動(前後方向)、および操舵(左右方向)の両方の操作が自動で行なわれる。

(条件付き自動運転)

車両の加速、制動(前後方向)、および操舵(左右方向)が自動で行なわれ、さらに運転環境の監視、安全運行のための適切な対応も、車両側で自動的に行なわれる。ただし、車両側で対応できなくなった際にはシステムの要請により、ドライバーに操作が戻される。

(高度自動運転)

車両の加速、制動(前後方向)、および操舵(左右方向)が自動で行なわれ、さらに運転環境の監視、安全運行のための適切な対応も、車両側で行なわれる。車両側で対応できなくなった際にも、リスクが最小となるよう可能な限りの制御が行なわれる。

(完全自動運転)

車両の加速、制動(前後方向)、および操舵(左右方向)が自動で行なわれ、さらに運転環境の監視、安全運行のための適切な対応も、車両側で行なわれる。場所や自然環境などによって運用が制限されることはない。

自動運転の5段階

レベル1は、実際には自動運転とは呼ばれず、運転者支援と定義されます。
レベル2になると部分的自動運転という言葉が使われます。
レベル3になると運転の幅広い範囲が自動化されますが、複雑な交通状況などによって車両には状況判断をしきれない場面などには、ドライバーに運転の役割が戻されることも起こります。そのためドライバーは、走行中に運転操作に関わる以外のことを行なうことも許容されますが、必要な時には速やかに運転に戻ることができる状態であることが求められます。
ほぼ完全な自動運転と言えるのは、レベル4。よほどの異常事態、あるいはクルマ自体に何らかのトラブルが起きた時以外は自動で走行し、運転の責任はドライバーではなくクルマにあります。
そしてレベル5は、完全な自動運転。いわゆる無人運転もこれに当てはまります。

 現在、そして今後も当面の間は、同じ自動運転という言葉を使いながらも、このようにレベルの異なる、すなわち機能に差のあるものが市場に、そして路上に混在することになります。それだけに、想定外の使い方による危険、事故などを回避するためにも、自動車メーカーなどの供給者側が、ユーザーに正しくその定義、そして機能限界を正しく知らせることが大変重要になります。たとえば、自動車メーカーとしてはレベル2に当たるものだとして世に出したにも関わらず、ユーザーがレベル4相当の自動運転を期待していたとしたら、事故につながる可能性が高まることは容易に想像できます。作り手の意図と、ユーザーの使い方が合致していないと、便利なはずの自動運転も危険なものになりかねません。
 自動運転時代にクルマを正しく安全なものとして使うためには、機能や性能の向上に加え、メーカー側にとってはユーザーとの密なコミュニケーションが、ユーザー側にとっては、商品情報を正確に把握することが、これまで以上に重要になると言えるでしょう。