デンソー、「東京オートサロン2019」に出展

2018年12月26日 ニュースリリース イベント

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、2019年1月11日(金)から1月13日(日)に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2019」に出展します。「クルマ好きが集うコミュニケーションサロン ”DENSO Pit Salon”」をテーマに、2018年に発売した安全分野の市販商品を中心に、約20点の商品・サービスを展示します。また、レーシングカーなどの車両展示や、レース関係者が登場するステージイベントも開催します。

主な展示品は、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる衝突事故の軽減に貢献する「踏み間違い加速抑制システム」(18年12月 トヨタ自動車株式会社より発売)を紹介する模型や、ドライバーの顔の画像から、脇見、眠気、居眠り、不適切な運転姿勢などの運転状態を推定し、音声で警告する商用車用の「ドライバーステータスモニター」(18年5月デンソーより発売)のデモなど、既販車の安全に貢献する商品です。また、18年に発売したドライブレコーダーを中心としたラインナップに加え、株式会社デンソーテン(本社:兵庫県神戸市、社長:岩田 悟志)のECLIPSE(イクリプス)ブランドのドライブレコーダー内蔵ナビ 「録ナビ」(18年11月発売)も展示します。

展示車両は、2018年ル・マン24時間レースで優勝した、デンソーが協賛するTOYOTA GAZOO Racingの「TS050 HYBRID」と、トヨタカローラ名古屋株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:後藤 善和)のGRガレージ特別仕様車「TOYOTA 86」です。また、ピエール北川さんの司会で脇坂寿一さんやドライバーをゲストに招いたトークショーも実施します。さらに、ステージでは、安心安全なクルマ社会の実現に貢献する商品の紹介やクイズを実施し、クイズ参加者にはプレゼントも用意しています。

デンソーは、自動車市販商品開発の強化に取り組むことで、お客様のニーズに対応した新たな商品・サービスを提供し、安全で快適なクルマ社会の実現に貢献していきます。

デンソーブース(イメージ)
TOYOTA GAZOO Racing 「TS050 HYBRID」(ル・マン優勝車両)
トヨタカローラ名古屋 特別仕様車「TOYOTA 86」