デンソー、Ⅲ型オルタネーターの事業譲渡契約を、 成都華川電装有限責任公司と締結 ~お客さまへの供給責任を果たすとともに、注力分野の強化を加速~

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二、以下デンソー)は、成都華川電装有限責任公司(本社:中国四川省成都市、社長:耿 辉雄、以下華川電装)に、Ⅲ型オルタネーターを事業譲渡することを決定しましたので、お知らせします。

Ⅲ型オルタネーターは、1982年よりデンソーが製造・販売を開始し、ピーク時には、乗用車向けを中心にグローバルで年間1,000万台を生産、世界トップシェアを誇りました。現在は、日本への生産集約が進み、年間100万台に生産規模が縮小した旧世代の製品ですが、今後も、日本やアジア地域において、農業・建設機械向けのお客さまを中心に、継続的な需要が見込まれます。

華川電装は、主に中国および欧米・アジア太平洋地域のお客さま向けに自動車部品の製造・販売を行う企業です。デンソーは華川電装と、1996年に技術援助契約を締結し、技術指導や部品供給などの支援を行ってきました。この度、両社は、2022年1月に、Ⅲ型オルタネーターの主要なラインナップをデンソーから華川電装に譲渡する契約を締結しました。デンソーは、これまで通りの高品質な製品を、華川電装がお客さまに供給できるよう、華川電装の生産体制の構築に協力していきます。

デンソーは、成熟製品領域において、パートナーとの連携を進めることでお客さまへの供給責任を果たすとともに、環境・安心領域などの注力分野の強化を加速させ、事業ポートフォリオ入れ替えの推進および収益性の向上を図りながら、カーボンニュートラルの実現とモビリティ社会のさらなる発展に貢献していきます。

なお、華川電装の企業概要は以下の通りです。

〈会社概要〉

1. 社名  成都華川電装有限責任公司 
2. 会社設立 2001年
3. 所在地 中国四川省成都市
4. 代表者 耿辉雄
5. 事業概要 オルタネーター、スターター、ワイパーシステム、EV用駆動モーターなどの
開発・生産・販売