デンソーの関係会社アグリッド、国内最大級の農業用ハウスが竣工、ミニトマトの栽培と出荷を開始 ~ロボット・ICT技術を活用し、スマート農業の実現に貢献~

2020年4月1日 その他トピックス サステナビリティ 製品・サービス

株式会社浅井農園(本社:三重県津市、社長:浅井 雄一郎)と株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)が設立した株式会社アグリッド(本社:三重県いなべ市、社長:浅井 雄一郎)は、三重県いなべ市において国内最大級の農業用ハウスを竣工し、ミニトマトの栽培・出荷を開始しました。

日本の農業現場では、担い手の減少や高齢化により労働力不足が深刻な課題になっており、ロボット技術やICTを活用することで超省力・高品質生産を実現するスマート農業が期待されています。

アグリッドは、今回建設したハウスにおいて、浅井農園の持つ国内トップクラスの施設栽培、品種開発技術に、デンソーの持つハウス内の環境制御、作業改善や自働化による省人化などの農業の工業化技術を導入することで、「働きやすい・儲かる農業」を目指しています。

具体的には、農場の飛躍的な生産性向上を目指し、ハウス内の温度や湿度などを環境制御技術で最適化した季節や天候に左右されない安定した野菜の周年栽培、収穫物などの運搬作業や夜間の収穫作業を自動化することで「人と機械の協働」による省人化と農場の24時間稼働に取組みます。この生産性の高い持続可能な次世代施設園芸を通じ、国内外の農業生産事業に貢献していきます。

Alt

アグリッドの大規模農業用ハウス

alt

デンソーが開発した
自動収穫ロボット
「FARO(ファーロ)」

自動搬送装置

トマトを収穫するロボット「FARO」

 

詳細は以下をご覧ください。

AgriD プレスリリース