小型ステレオ画像センサー

前方のクルマや歩行者、車線などをカメラによって識別する、軽自動車向けの小型ステレオ画像センサー。左右2つのレンズを用いて車両から対象物までの距離を測定し、緊急時の衝突回避支援ブレーキ機能や、車線逸脱警報機能などの実現に貢献しています。

 

特徴

世界最小サイズで搭載性を向上

製品の搭載スペースが限られる軽自動車では、センサーの小型化も重要な課題のひとつ。一般的にステレオ画像センサーは、測定可能な距離が左右のレンズの中心間隔に比例するため、必要な測定可能距離を保つには、それに比例して体格を大きくする必要がありました。そこでデンソーは、高精度なレンズ歪み補正とステレオマッチング技術を組み合わせ、レンズの中心間隔を、従来品の約半分となる80mmまで短縮。世界最小のステレオ画像センサーとして、ルームミラーに隠れるサイズまで小型化することに成功しました。

※ 車両に搭載されるステレオ画像センサーとして世界最小(2016年11月当社調べ)

 

テクノロジー

高性能画像処理チップによるステレオ高精度演算

対象物までの距離を正確に測定する際、左右のレンズから入力される2つの画像を処理するため、一度に演算する量が多くなります。そこで、高性能画像処理チップを導入。並列処理をすることで、瞬時に高精度演算が行えるようになりました。

高精度歪補正レンズ

レンズから得られた2つの画像を組み合わせ、視差画像を生成。これをもとに距離測定を行うためには、正確な視差画像が必要となります。そこで、レンズメーカーと共同で、左右のレンズがとらえた画像の歪みを整える高精度歪補正レンズを開発。より遠くの車両や歩行者を検出することを可能にしました。