緑・自然豊かな職場

基本的な考え方

地球上のすべての生きものたちの豊かな個性と生命のつながりを、生物多様性といいます。私たちの暮らしは、生物多様性が生み出す自然の恩恵に支えられています。
デンソーでは、生物多様性について学び、地域と協働しながら生態系の維持・保全に取り組んでいます。また、地域性苗木を生かした自然配植【注】技法を学びながら植樹をし、自然豊かな職場づくりを継続して推進しています。

【注】自然配植:自然のもつ豊かで多様な力をうまく生かしながら、緑を創造し、保全すること

具体的な取り組み

1. 事業所内における地域固有の生態系・希少な生物の保護

国内外の工場では、各地域固有の生物多様性を保全するためのモニタリング調査や野鳥保護区域の設置など、地域特性に応じた活動を展開しています。

    • alt

    エコガーデン[DMUK(イギリス)]

    2011年9月に開園以来、地域の人々へ環境活動の場を提供。植樹や地域学生が製作した鳥の巣箱を設置したり、多様な野生動物と接するなど、社員にとっても憩いの場となっています。

    • alt

    ワイルドフラワーガーデン[DMMI(米国)]

    1998年に「野生保護委員会」を設置。事業所内のワイルドフラワーガーデン(約400m3 )で希少な植物やヒタキ科のブルーバードの繁殖用巣箱を設けるなどの活動を続けています。

    • alt

    ビオトープ[(株)デンソー(日本)]

    善明製作所では、1998年に絶滅危惧種の淡水魚ウシモツゴが発見されたのを機にビオトープ(約3,000m2)を整備。カルガモが飛来する里山の生態系をつくりだしています。また、2004年に地元の小学生と協力してつくった高棚製作所のビオトープ(1,500m3 )では、メダカの飼育や地元のタカナタチョウを呼び戻す取り組みを行っています。

    • alt

    ビオトープ[DNIN(インド)]

    2004年に開園し、毎年トップマネジメントによる環境イベントやファミリーデ―に参加した社員の家族と、果樹や薬効のある樹を植樹しています。さらに、腐葉土づくりも自ら行い、環境に優しい活動をしています。

事業所周辺地域に生息が確認されている主な希少生物[(株)デンソーおよび日本グループ]
事業所 生物名 カテゴリー
善明製作所
(愛知県西尾市)

ウシモツゴ
(淡水魚)

[CR: 絶滅危惧種]
(環境省指定)

大安製作所
(三重県員弁市)

アブラボテ
(淡水魚)

[NT: 絶滅危惧種]
(環境省指定)

網走テストセンター
(北海道網走市)

エゾサンショウウオ
(両生類)

[DD: 情報不足1種]
(環境省指定)

ベニバナシャクヤク
(種子植物)

[VU:絶滅危惧Ⅱ類]【注】
(環境省指定)

【注】VU: 絶滅危急種。絶滅に向けて進行しているとみなされる種。

2. デンソー緑のプロジェクト

社員ボランティア、地域社会との協働による環境保全活動

デンソーでは、多様な生物が生息する生態系の復元や森林の保全を目的とし、地域の方々と社員・家族・NPOが一体となり、間伐活動や自然体験イベントを開催するなど、2006年から「デンソー緑のプロジェクト」として推進しています。

<緑のプロジェクトin額田>

    • green02-img-project-001
    • green02-img-project-002
    • green02-img-project-003

3.緑に包まれた工場・オフィスづくり

構内自由参加型の手作り緑化活動(グリーンカーテン)

    • green02-img-project-004
    • green02-img-project-005

2021年6月までに計57回の活動を行い、地域住民、㈱デンソーおよび国内グループ会社社員とその家族8,796人のボランティアが参加しました。

【TOPICS】令和2年度緑化優良工場表彰「中部経済産業局長賞」を受賞(西尾製作所)

    • green02-img-project-006
    • green02-img-project-007

平成31年度の大安製作所「一般財団法人日本緑化センター会長賞」受賞に続き、西尾製作所が「中部経済産業局長賞」を受賞。
「デンソーエコビジョン2025」の具体化、また緑化方針のもと緑化づくりに取り組み、地域住民と一体となって草とりや、あじさい鑑賞会を実施しています。この一連の活動により、2017年3月愛知県より「花の王国あいちサポート企業」にも認定されています。