環境社会貢献アクション

基本的な考え方

デンソーの約17万人の社員一人ひとりが自然を大切に思い行動すれば、環境問題解決への大きな貢献ができます。デンソーでは、事業活動において環境にやさしいモノづくりをすすめるだけでなく、企業市民として地域社会における環境保全活動にも取り組んでいます。

具体的な取り組み

1. グローバルな環境イベントの推進

毎年「世界環境デー(6月5日)」に、「グリーン・クリーン・アクション」をグローバル共通テーマとして、植樹活動や地域美化活動を推進しています。

  • alt

2. 社会との連携

デンソーは、地域の豊かで潤いのある自然を次世代につなげていくため、地域の住民や行政、NPO法人等とともに環境の大切さを考え、体験する機会を提供しています。

    • alt

    アカウミガメの保護活動[(株)デンソー豊橋製作所(日本)]

    2007年からNPO法人「表浜ネットワーク」と協働で、絶滅が心配されているアカウミガメの産卵地である表浜海浜海岸の環境保全に取り組んでいます。

    • alt

    マングローブ植樹[DNMY(マレーシア)]

    環境・森林保全に自分たちの手で経験した自分事としての意識を醸成するために、NGO団体「Malaysia Nature Society」と協力しマングローブの植樹活動に取り組んでいます。

    • alt

    次世代環境教育[DNIT(イタリア)]

    社員の子供たちを対象として、自然と直接触れ合い、環境・生物多様性保全の意識を醸成します。
    植物・動物・川と直接触れ合うことにより、生態系への理解を深めます。

オールトヨタ生物多様性保全活動

デンソーは、トヨタグループ各社と連携し、生物多様性の保全活動に取り組む「グリーンウェーブプロジェクト」へ参画しています。この活動は、工場内の森づくりや生物の生息域保全などの活動の輪を、グループ各社だけでなく、地域や行政などにも広げていくものです。