究極の燃費性能

基本的な考え方

デンソーは、一年間に発売される新車全体のCO2排出量を半分にするため、エンジン制御技術をはじめ、すべての製品で世界に先駆けた燃費向上に役立つ技術開発を行っていきます。またバイオ燃料、水素など再生可能エネルギーに対応した新技術開発を推進していきます。

具体的な取り組み

自動車のライフサイクルにおけるCO2排出量は、使用段階が最も多いことから、自動車部品が地球温暖化抑制に寄与するためには、軽量化や燃焼効率の改善などによる「燃費の向上」が重要となります。その中で、デンソーが関わる製品分野では、エンジンマネジメントシステム、カーエアコン・安全装置などの車載システム同士を連携させた制御を通じて、より高度な「燃費向上と省電力化」の推進に取り組んでいます。
また、エネルギー損失を減らす「燃費向上・省電力化」の観点にとどまらず、クルマから放出される熱エネルギーや減速時に失われる運動エネルギーを回収・再利用する「回生利用」といった、エネルギーを効率的に使うエネルギーマネジメントの取り組みも進めています。このようなエネルギーマネジメントの仕組み活用に適したハイブリッド車や燃料電池車を始めとした電動化の普及にも力を入れています。

CO2 排出抑制マネジメント

  • alt

【注】FC=燃料電池、CNG=圧縮天然ガス、EV=電気自動車、PHV=プラグインハイブリッド車、ISS=アイドリングストップシステム

  • 小型軽量化された新型パワーコントロールユニットとモータステーター

    • alt

    新型パワーコントロールユニット(左)
    モータステーター(右)

  • 快適性と環境性能を両立したカーエアコンシステム

    • alt

    カーエアコンシステム