alt

サステナビリティマネジメント

デンソーにとってのサステナビリティ経営

サステナビリティ経営とは、社会のサステナビリティの視点を経営戦略に採り入れることで、当社の企業価値向上を図っていくこと、つまり「事業を通じて社会課題解決に貢献すること」です。
デンソーの社是にも「最善の品質とサービスを以って社会に奉仕す」とあるように、同様の精神が記されており、創業以来、脈々と受け継いできた当社経営の根幹であり、成長の原動力です。

サステナビリティ経営の歩み

クルマは元来、安全で快適な移動という正の側面と、排出ガスや交通事故などの負の影響を併せ持っています。デンソーは創業以来、どんなときでもクルマの正の最大化と負の最小化という社会課題と真摯に向き合い、より環境にやさしく安全で快適便利なクルマに貢献しつづけたことで成長してきました。
創業時の経営難時代に電気自動車「デンソー号」(1950年)を作ったのも、その志の表れです。1970年代からは、世界中の拠点で、モノづくりとヒトづくりを通じて雇用創出と地域社会の発展へも貢献してきてきました。
また、クルマで培った技術をFAや農業分野にも拡大し、労働力不足や食料不足という新たな社会課題にも取り組んでいます。 このように、デンソーは、いつの時代も事業と社会課題解決を両立させるサステナビリティ経営を実践してきており、これがデンソーのDNAと考えています。

サステナビリティポリシー

デンソーグループの社員一人ひとりが、社会やステークホルダーとのつながりの中において、社是やデンソー基本理念に沿ったグローバル企業としてふさわしい行動を実践できるように「デンソーグループサステナビリティ方針」を定めました。行動宣言へのコミットメントとして、代表取締役社長、全国内外グループ会社社長が署名しています。

マテリアリティ

社会に存在する様々な課題の中から、デンソーが「デンソーグループ2030長期方針」において宣言した3つの領域「環境」「安心」「共感」において、デンソーが優先して取り組むべき重要課題(マテリアリティ)を選定しました。

マテリアリティ選定プロセス

  1. デンソーにおける過去のサステナビリティ活動の振り返り

  2. SDGsやESGトレンド(FTSE、MSCIなど)を参考に社会課題を抽出

  3. 「社会」と「会社」にとっての重要度を分析し、優先順位付け・目標設定

  4. 社外有識者との議論(ステークホルダーエンゲージメント)

  5. 経営レベルでの議論・承認

  • management-img-materiality-ja

推進体制

サステナビリティ経営の方向付けや全社活動状況のフォローアップなどは、会社の公式会議体(経営審議会)で審議・報告を行っています。
また経営戦略本部が全社のサステナビリティ経営推進機能として、方針や活動計画の立案、各部門の活動支援・フォローアップ、およびサステナビリティに関する社内外情報発信・コミュニケーション等を推進しています。個別のサステナビリティテーマについては、主管部門が各専門委員会で取り組むべき課題や活動計画などの審議を受け、その活動にあたっては関係部と連携して推進しています。
なお、サステナビリティ浸透の牽引役として、㈱デンソーでは各部門1名(グループ会社は各社1名)、サステナビリティリーダーを選任し、サステナナビリティの浸透・定着・情報発信を図っています。

具体的な活動 ~サステナビリティの社内浸透~

全部門・全社員が日頃から、仕事を通してどのように社会課題の解決に貢献していくのかを考え、行動することがサステナビリティ経営の実践であり、社会課題を解決していくための第一歩になると考えています。
そこで、社員一人ひとりが自分の言葉でサステナビリティ経営について語り、行動できるように、デンソーグループの各地域・各社でそれぞれの文化・風土を踏まえた効果的な社員啓発や情報発信などの施策を考えて活動しています。
なお、社員を含めたステークホルダーが、デンソーの取り組みを社会とのつながりで理解しやすいように、国際共通言語となったSDGsを活用し、情報発信やコミュニケーションを図っています。

  • alt

    キャラバン(EU)

  • alt

    社内報(日本/京三電機)

  • management-img-DIAT-e-learning

    e-learning[アジア]

  • management-img-ws-ch

    ワークショップ(中国)

【TOPICS】

  • topics_img_sustainable-seafood

食堂から「サステナビリティ」を発信 [㈱デンソー・㈱デンソーウェル]

身近なところから社会課題(SDGs)に触れることで社員のサステナビリティへの意識を高められないか?と考え、社員食堂のメニューに「サステナブル・シーフード」を導入しました。
また、プラスチック製ストローから紙製ストローへの切り替えや、「地産地消」をコンセプトにしたメニューの提供なども推進し、社員が利用し体感することでサステナビリティの浸透につなげています。

  • topics_img_sustainable-composition

「私とSDGs」小作文コンテスト[中国]

社員一人ひとりが自分の仕事とSDGsのつながりを考えるにあたり、中国地域全体から「私とSDGs」というテーマで小作文を募集しました。20年1月に募集を開始し、約500件もの投稿が寄せられました。
その中から最優秀賞20件、優秀賞30件を選出し、表彰するとともに、SDGsと業務のつながりを考える上での参考としてもらうため、中国地域に限らず社内イントラネットを通じてデンソーグループの社員と共有しました。

株式会社デンソーの取り組み

社員啓発

サステナビリティを多角的な視点から捉え、仕事と社会課題とのつながりを理解し行動を促すため、社外講師(投資家・企業のサステナビリティ担当役員・国際機関)による講演会や社員間で理解を深めるワークショップを開催しました。

  • management-img-employee-awareness

    講演会

年度計画におけるサステナビリティの見える化

全部門・全社員がサステナビリティの理解を深めるため、年度計画を策定する際、各部門では組織の役割と年度の重点取り組みテーマについて、各社員は業務の個人目標について、社会課題解決とのつながりをSDGsを活用して計画を策定しています。

【TOPICS】

  • topics_img_sustainable-employee_id

従業員証へのSDGsの表示 [㈱デンソー、アジア、韓国]

年間の個人業務目標を設定するにあたり、自分の業務がどのSDGs目標に貢献するのかを考えるとともに、その目標を従業員証や名刺などに表示しています。それにより、自分自身が設定したSDGs目標をいつでも振り返ることができ、さらには周りの仲間にも共有することで、折に触れてSDGsへの貢献について語るきっかけとしています。

情報発信

統合報告書や会社webサイト、ニュースリリースなどの発行による社外発信だけでなく、社員一人ひとりがお客様や家族などのステークホルダーに積極的にサステナビリティについて語ることで社会へ発信することを目指しています。
そのためには、社員それぞれがサステナビリティ事業戦略を正しく理解することが重要です。
トップによる環境・安心戦略の紹介を動画等にて社内イントラネットに掲載し、社員の理解を深める取り組みをしています。

社員浸透状況の把握

社員のサステナビリティに対する理解・実践度合いを把握・点検するために、意識調査を実施しています。


【事例紹介】 サステナビリティサーベイ

社員のサステナビリティに対する理解・実践度合いを把握・点検するために2006年から毎年実施しています。
2020年度調査結果(回答数約1,500人)

  • 質問:自分の仕事がどのようにSDGsに貢献しているか理解していますか?

    グラフ

  • 質問:サステナビリティ/SDGsに対するあなたの考えに近いものを1つ選択

    グラフ

社会との対話