エコマテリアル&ローエミッション

基本的な考え方

デンソーでは、「製品のライフサイクル全体で化学物質の使用をできるだけ少なくする」という基本方針のもと、欧州ELV指令【注1】を始めとした各国、各地域での法規制動向を踏まえ、製品に含まれる環境負荷物質を低減しています。特にライフサイクルの最上流に位置する設計段階において、製品環境指標「ファクターデルタ」を活用し、資源効率の向上倍率を追求しています。
また、この考えはサプライチェーンにおいても適用し、取引先様との連携のもとにグリーン調達体制を構築していきます。

【注1】End-of-Life Vehicles(廃車)指令の略。2000年10月発効された、使用済み自動車に関する欧州連合の規定。2003年7月以降販売の新車に含まれる化学物質を順次、原則使用禁止とする。

具体的な取り組み

(1)化学物質の管理・削減

製品の環境負荷物質の世界規制動向を見据え,環境負荷最小化を通じて全てのステークホルダーに安心を届ける活動を推進しています。

鉛フリー化への対応

デンソーでは、現時点の法規制では鉛規制の適用除外となっている「高融点はんだ、ガラス、セラミック、合金(アルミニウム・銅)の中の鉛」等について、その規制化動向も踏まえ、代替品の適用評価等を推進しています。

REACH規則【注1】 への対応

デンソーでは、製品・部品中の高懸念物質(SVHC【注2】)の含有情報の伝達等については、社内システム(MACAS【注3】)を活用して対応を進めています。
また、デンソーでは、関連業界との連携のもと、REACH規則により高懸念物質に指定される前の早い段階から、これらの物質の自動車部品への影響を分析し、タイムリーに対応する活動を推進しています。

【注1】REACH:Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals
化学物質の登録、評価、認可、制限に関する法律。

【注2】SVHC:Substance of Very High Concern
内分泌かく乱物質など約1,500種類の物質がリストアップ候補とされている。

【注3】MACAS:Material Chemical Assessment System
製品・部品を構成する材料と成分に関するデータを管理するデンソーの社内システム。

(2)資源有効利用

リビルト事業による資源再生

デンソーでは、使用済み製品の回収・リサイクルのシステム構築は、実効性と効率性の両立を図ることが重要と考えています。同時に、環境負荷の最小化を図るため、リサイクルの優先順位を「製品再生(リビルト)⇒部品リユース⇒マテリアルリサイクル」と位置づけ、リビルト事業の拡大に力を注いでいます。
特に使用済み自動車から取り外したオルタネータ(発電機)やスタータには、ブラシやベアリングなどの磨耗部品を交換して整備すれば、十分に機能するものが多数あります。そこで、日本では(株)デンソーリマニが、これらを回収・再生し、新製品と同等の性能検査により品質保証して出荷しています。
現在、欧米・中国地域でもグループ会社が同様のリビルト事業を展開し、再生品の流通量を拡大しています。

(株)デンソーリマニによるリビルト製品の再生台数[日本]

  • alt