alt

エコビジョン

国際社会において、近年、気候変動がもたらす異常気象などが、世界や日本各地で頻発しています。
これらの課題を解決するために、2015年に、パリ協定が採択され、世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2度未満に抑えることが掲げられ、長期目標として、人間活動による温室効果ガスの排出量を実質ゼロにしていくことが掲げられました。
企業は事業活動において、長期的視野に基づいた環境活動が求められています。

デンソーでは、外部環境の変化を踏まえ、グループがめざす「環境経営」に向けた長期のコミットメント、および環境方針として「デンソーエコビジョン」を10年ごとに策定し、エコビジョンに定めるコミットメント・環境方針を具体化するために「環境行動計画」を5年ごとに策定しています。

目指す姿

「デンソーエコビジョン2025」

デンソーは、2050年の持続可能な地域・社会の実現に向け、その中間時点となる2025年までのアクションプランとして新たな「デンソーエコビジョン2025」を策定しました。
私たちをとりまく外部環境の変化を踏まえ、2025年に達成すべき新たな目標「ターゲット3」として、「エネルギー1/2」、「クリーン2倍」、「グリーン2倍」を定めました。また、この3つの目標を「製品」「工場」「社員」「経営」それぞれの段階で実現するため、10個の具体的行動「アクション10」を推進していきます。

「ターゲット3」

エネルギー1/2

現状のまま温室効果ガスの抑制策が追加されないと、世界の平均気温が上昇するなど、気候変動が加速し、世界に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。地球温暖化を抑制するために、CO2排出量の削減が求められています。
デンソーは、地球温暖化やエネルギー・資源問題を解決する技術で、CO2排出量の半減を目指します。

クリーン×2

世界的な人口の増加や、経済発展や利便性の追求により、資源消費のスピードが加速しています。このままでは資源は枯渇し、また大量消費によって廃棄物が増えれば、処理が追いつかず環境汚染に繋がります。
デンソーは、環境負荷物質の影響や、排出物と廃棄物の半減を目指し、継続的に改善を進めていきます。

グリーン×2

人と自然が共生していくために、豊かな森や自然を守っていかなくてはなりません。しかし、世界では森林の減少が進み、多様な生き物の生息域が分断され、生物多様性の損失が進んでいます。
デンソーは、くるまの燃費性能の向上、工場や地域の緑化や、従業員の環境マインド向上を進めています。

「アクション10」

「製品」への取り組み

「工場」での取り組み

「社員」の取り組み

「経営」での取り組み



エコビジョンの詳細については、「エコビジョン2025」特設サイトをご覧ください。