alt

エコビジョン

デンソーの目指す姿

「地域環境の維持」と「安心・共感」にこだわり、顧客・地域・社会に貢献し、評価・信頼される企業へ

国際社会において、近年、気候変動がもたらす異常気象などが、世界や日本各地で頻発しています。これらの課題を解決するために、2015年にパリ協定が採択され、世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2度未満に抑えることが掲げられました。企業は事業活動において、長期的視野に基づいた環境活動が求められています。

デンソーでは、外部環境の変化を踏まえ、グループがめざす「環境経営」に向けた長期のコミットメント、および環境方針として「デンソーエコビジョン」を10年ごとに策定し、エコビジョンに定めるコミットメント・環境方針を具体化するために「環境行動計画」を5年ごとに策定しています。

「デンソーエコビジョン2025」

デンソーは、2050年の持続可能な地域・社会の実現に向け、その中間時点となる2025年までのアクションプランとして新たな「デンソーエコビジョン2025」を策定しました。
私たちをとりまく外部環境の変化を踏まえ、2025年に達成すべき新たな目標「ターゲット3」として、「エネルギー1/2」、「クリーン2倍」、「グリーン2倍」を定めました。また、この3つの目標を「製品」「工場」「社員」「経営」それぞれの段階で実現するため、10個の具体的行動「アクション10」を推進していきます。

地球のあしたへ、デンソーにできること

達成すべき3つの目標 「ターゲット3」

私たちをとりまく外部環境の変化を踏まえ、2025年に達成すべき新たな目標として、「エネルギー1/2」 「クリーン×2」「グリーン×2」を定めました。

エネルギー1/2

クリーン×2

グリーン×2

「アクション10」

「製品」への取り組み

「工場」での取り組み

「社員」の取り組み

「経営」での取り組み